1. まとめトップ

謝ることは嫌い!被害者ヅラする人の特徴

「自分は悪くない」「その人が悪からこっちに被害が…」など、罪を相手になすりつけては「自分は被害者」だと訴える被害者面する人たち。自分の非を認められず文句ばかりでは、まず人付き合いは上手くいくはずもないと想像できるわけですが、言い訳や話を盛るなど話が上手いだけに騙される人も多いようです。

更新日: 2018年04月17日

3 お気に入り 2020 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・人の気持ちは考えず、傷つくようなことも平気で言う

この類の人は、自分さえ良ければ全て良し!と考えることがあるため、自分が思ったことは相手にお構いなく言うことがあります。

少し考えれば相手が傷つくだろうとわかるようなことでも平気で言ってしまいます。
そしてそれに対して相手が感情的になってしまうと、「だって本当のことでしょ?」
と言うような態度をしたり発言をします。

・人を見下している

人が傷つくことを平気で言えるような神経をしている人は、基本的に相手を見下しているからです。

なので、平気でひどいことを言ったり、みんなの責任なのにもかかわらず自分だけは悪くないと言い逃れをしたり、関係のない人を味方につけたりして自分は被害者なんだと言う発言や態度をします。

・謝ると言うことを知らない

被害者なんだと周りにアピールし、どんなことでも人のせいにするずる賢い人は、「ごめんなさい」と素直に謝ることができません。

謝ることできない代わりに、自分は悪くない、自分のせいではない、全部相手が悪いんだ、などと必死に周りに説明します。
それも全て自分の都合のいいように有る事無い事をでたらめに話し、自分に味方がつくように話します。

・言い訳や言い回しがすごくうまい

この類の人は、自分が悪くない、被害者なのだと周りにアピールするときに、ものすごく頭が回転し言い訳や言い回しが非常に上手だったりするため、思わずこの人の言うことを信じてしまいそうになることがあります。

このような人は、自分が都合が悪くなった時も、自分が上司や周りから気に入られたいと思うときなども話を少し大袈裟に言ってみたり、話を盛る、というようなこともよくあります。

・環境のせいにする

被害者面する人の特徴は、何をおいてもまず最初に環境のせいにすることです。

会社組織が腐っているから自分の仕事がうまくいかない。

ママ友グループから私が妬まれているから友達ができないといった具合で、本来は自分はうまくいくはずなのに環境が悪いせいでうまくいかない。

自分だけが割を食っているといる論調で被害者面をしつもしています。

往々にしてそのような人は、転職して会社が変わっても、引っ越してママ友グループが変わっても同じようなことを言い続けるので、原因が本人にあることが多いです。

・都合のいい話しかしない

被害者面する人は、環境や対人トラブルについて語るときに自分に有利な都合のいい話しかしない傾向にあります。

「休日出勤させられた」「いきなり睨み付けられた」とだけ聞くとかわいそうにと思ってしまいがちですが、やむない理由で休日出勤した後に代休をしっかり取っていたり、本人が先に嫌がることをしたから睨まれたという結果だったりと物事の全体像を語らずに一部だけを切り出して自分を被害者に見せるというテクニックを、被害者面する人は多用するので注意が必要です。

・話を盛る

被害者面する人は自分がかわいそうに見えるように主観で話を盛ります。

「上司に暴言を吐かれた」「嫌がらせを受けた」などは大概思い込みだったり誇張されていると思って話を聞く必要があります。

上司の暴言と言ってもきつく注意されただけだったり、嫌がらせ自体が本人の勘違いなことすらあります。

被害者面する人の被害談は5割引くらいで聞くほうがよさそうです。

・理屈で諭されると泣いたり拗ねる

このような被害者面する人は、周囲や目上の人から理屈で諭されたりガツンと言われると言い訳できなくなって黙ります。

今まで自分が被害者になることで立場を作ってきたので、どうしようもなくなってシクシク泣いたり、全てを放り出して不貞腐れたり拗ねたりします。

結果、見かねた周囲が「泣かないで元気出して」「気を取り直してがんばろう」と優しい声を掛けてしまうのでまた同じような被害者面を繰り返すのですが、結局最終的には信用されなくなるのは当然です。

・日頃から不平不満が多い

いつも被害者面をする人というのは、不平不満ばかり言っていることが多いです。 相手のことを散々悪く言ったあげく、自分はこれほど苦しめられている、被害者だと言うわけです。

実際は相手の方が手を焼いている、困らされていることの方が多いのが特徴です。 とはいえ、何も知らない人は騙されて信じてしまうこともあります。 でも時間が経って嘘がばれ徐々に人が離れていくということが多いです。

・劣等感が強い

被害者意識が強い人の特徴で、劣等感が強いということがあります。 「どうせ私なんて」という考え方が根底にあります。 それゆえに子供に過剰な期待をする親になるタイプも多く「私のようになってほしくないから」と勉強や習い事を沢山させたりします。

また自分の劣等感を親のせいにして恨み言を言ったりする傾向もあります。 いずれにせよ自分の努力で何とかなることもあったはずなのですが、努力せず被害者面で文句を言うばかり行動が伴わないのが特徴です。

・自分の攻撃を隠すため

自分が加害者のくせに、被害者面をする人というのがいます。 自分のしたことが人にばれないように、自分が被害を受けているかのようにふるまうのです。 ずるいタイプといえますが、浅はかなところがあるので、自分の攻撃、悪行の証拠を残してしまうことも。 それでも被害者面をするので周りはスルー気味。

1 2