1. まとめトップ

在宅でおこづかいや副収入を手に入れる方法

安月給。おこづかいが少ない。自由になるお金が無い。もう少し贅沢がしたい。もっとお小遣いが欲しい。そんなあなたにおすすめです。お小遣い程度から、がっつり高収入(の可能性)まで、在宅しながら副収入を得る方法をまとめました。

更新日: 2018年04月17日

1 お気に入り 1088 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

如月薊さん

■サラリーマンの平均お小遣い

2016年のお小遣いの平均金額は…?
37,873円。
ちなみにこれは、男性会社員の月の平均お小遣い額です。(昼食代含む)

あなたはこの金額を見てどう思いますか?

明治安田生命保険が28日に発表した「家計」にかんする調査結果によると、夫婦で自由に使える「お小遣い」の月額は夫が3万1764円、妻が1万8424円で、過去最高だった2007年より約9千~1万3千円少ない結果となった。同社は「景気の先行きへの不安から、財布のひもは固いようだ」とみている。

妻のお小遣い額は、07年の調査開始以来で最低だった。小遣いの希望額は、夫が4万5750円、妻が2万8670円で、現実とは1万円以上の差があった。

■Twitterでのつぶやき

40年近くのサラリーマンおこづかい推移をグラフ化してみる(最新) : ガベージニュース garbagenews.net/archives/19870…

そういえば、共働きがここまで増えているのにサラリーマンのお小遣いが減り続けているのはなぜだろう>40年近くのサラリーマンおこづかい推移をグラフ化してみる(最新) garbagenews.net/archives/19870…

遅くまで大変ネ!日本のサラリーマンは寝ないってホントだったんだ

サラリーマンの通勤時間、何もしないとこれだけでも人生のうちの2年ぐらい無駄にしている。何もしない時間ほどもったいないものはないし、その時間を使ってツイッターのフォロワー増やしてアフィリエイトでもして稼いだ方が良い。

■お小遣いが貰えないなら、自分で稼ぐしかない

お小遣いを減らすしか、家計を守れないという収入の伸びの無さ、もしくは残業手当カット、サービス残業の増加という厳しい現実を写し出している例として最たるものでしょう。

自力でお小遣いを増やすポイント
生活スタイルを少しだけ変えれば、現金を生み出せる

会社勤めの方、主婦の方、学生さん、高齢者の方・・・どなたでも少しの工夫で「お小遣いを増やす」事が可能となっていますので、チャレンジしてみてください。

■お小遣いをためられるポイントサイト

■Twitterの反応

ポイントサイトってスゴいね~半信半疑だったけど、2万円も稼げてビックリしちゃった(*´ω`*)

GetMoney!でポイントを貯めて、おこづかいを稼ごう★ポイントサイトでお小遣い稼ぎするなら\げっとま/ paradiso.click/2lzN0V2 pic.twitter.com/gyVEaJRoIw

■クラウドソーシング

個人・企業からの仕事を、インターネット上で不特定多数の個人・企業に仲介するサービス 「クラウドソーシング」。

クラウドソーシングとは、「人件費のコストを抑えたい」「記事を社内の人の手も借りて大量発注したい」「スキルをスポットで借りたい」など仕事をする上で力を借りたい企業と「育児休暇中だけど仕事がしたい」「フリーで働きたい」という個人をマッチングするプラットフォームのことを指します。

受注側としては空いた時間の有効活用ができるだけでなく、専門スキルを活かした仕事ができるというメリットがあります。また発注側としても費用を抑えられるほか、採用に繋げられる可能性もあるメリットが挙げられます。

■Twitterの反応

1