1. まとめトップ

Twitter発…やりがちNG「敬語」が新社会人の評価下げてるかも…

新社会人のみなさん…これだけは覚えとこう…Twitter民が指摘する「NG」敬語たち。「よろしかったでしょうか」,「〜させていただきます」,「なるほどですね」…実は全て間違いですよ…。ついつい使ってしまいがちな表現はこう言いかえよう!さっと読めるようにまとめてみました。

更新日: 2018年04月18日

5 お気に入り 3487 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新人のうちに覚えておきたい正しい敬語の使い方。ベテランになってからでは取り返しがつきませんよ。

critical_phyさん

新社会人のみなさん…学生時代との違いに困惑していませんか?

新年度が始まり、進学や就職などで新しい環境に身を置くことになった人も多いだろう。まったく知らない人たちばかりの環境は、期待と同時に不安も大きいものだ。

仕事に対する夢や希望と同時に、重そうな責任とか、複雑そうな人間関係にちょっと滅入っている人も多いかもしれません。しかも研修や会議に出ると、「ん?今、なんて言った?どういう意味?」というような言葉が次々出てきたり。

そして…

社会生活全般において、敬語表現というものは非常に大切です。いくら態度で敬意を表していても、敬語がきちんとできていなければ相手に不快感を与えてしまうからです。

確認するときに使いがち…「よろしかったでしょうか」は実は誤りです!

ふと思い出したけど、うちの新卒に敬語喋らすと90%ぐらいの子たちが「〜〜の方」「〜〜になります」「よろしかったでしょうか」の頭悪い日本語三銃士を反発する上、何度注意しても治らないんだけど、世間でこんなに叩かれてるのにここまで浸透してるって、学校とかで教わってるの?レベルに感じる

「社長様でよろしかったでしょうかー」「ではご担当者様でよろしかったでしょうかー」という破壊力のある電話に、丁重に受け応える社会人モードの私。

社会人1年目~3年目くらいの人が「よろしかったでしょうか」という言い回しが気になる。過去形に対して同意を求めるっていうのは矛盾するよね。注意すると何がおかしいんだろうって顔されるんだけど。

「よろしかったでしょうか」「こちらが資料の方になります」など。本人は丁寧な言い方だと思って使っているけれど、日本語として間違っている敬語があります。

文法上正しくないという訳ではないのですが、明らかに過去の事柄に対しての確認として使われないと受け取り方によっては不快感を与えてしまう可能性のある言葉とも言えます。

一見丁寧な言葉に聞こえますが…「〜させていただいております」も要注意!

「させていただく」の使い方には注意。なんでも「させていただきました」みたいに書く人がいるけど間違い。相手の許可が必要なければ「いたしました」。文章もスッキリして読みやすくなる。二重敬語にも気をつけたい。

「させていただく」系の過剰な敬語や丁寧語について、むかーし見たNHKの番組で「敬語は摩滅する」、つまり丁寧な表現でも使いつづけられているうちに敬語としてのありがたみが薄れていくので、過剰になっていくものであると説明されてて、なるほどなあと納得した覚えがある。

敬語に明るい方ではないけれど、「させていただく」の乱用には辟易。

職場や取引先で「させて頂く」という言葉は頻繁に耳にします。非常に丁寧な言い方にも聞こえますが、使い方を間違えることで思わぬトラブルを生むこともあります。

「させていただく」を用いる際には、「人が何かをすることに許可を出す誰か」と「することを許してもらう誰か」がいなければならない。

頻繁に使ってしまうと、ひとつひとつの表現は誤りでなくても無礼な印象を与えてしまうことがあります。「させていただく⇒いたします」「させていただく⇒です」と言い換えることを心がけましょう。

相槌にも注意です…「なるほどですね」は一回でもNGという厳しい声が!

取引先とか上司が使ってて腹立つ敬語第一位「なるほどですね」

朝カフェにて。電話してるサラリーマンが、「なるほどですね!」を連発していて、変な表現だな、と非常に気になってしまったが、社会人の皆様は結構使う表現なんですかね?自分は敬語使う場面でも普通に「なるほど〜」と言ってしまっているので、もしかしたら相手の人は不快に感じてたのか…?やばい

「なるほど」は本来、目上の人に対して使ってはいけないでござる。せめて、「おっしゃる通りです」でござる。「なるほど」と言うぐらいなら、相手の言った重要な言葉を復唱するのでござる。「なるほどですね」は論外でござる。 #敬語 #日本語

「なるほど」という相手への同意を示す言葉と、「ですね」という丁寧語のように見える言葉を組み合わせて作られた言葉であるのが、「なるほどですね」。

「なるほどですね」この言葉は間違った敬語だと知っていましたか?間違った敬語を使い続けていると上司や目上の方にいずれ怒られてしまうでしょう。

相手がいっていることを「評価」していることにもなる言葉であるため、お客様や目上の人が発言した内容に対して「なるほど」と言うのは大変失礼な行為にあたります。

同意はシンプルに「はい」と言い換え、納得は「おっしゃるとおりです」に言い換えるだけで会話に重みがでて知的な会話をすることができます。相手にも好印象を与えることができるので取引も上手くいきます。

1 2