1. まとめトップ

いよいよ始まった米中経済戦争勃発

【虎の尾を踏む】中国は石油決済に人民元の利用拡大を目指すことを宣言したが、リビアと同じ手法は間違いだと気が付くのはいつか?中国経済を発展させても、ますます独裁的になり覇権主義を隠さなくなったことに気が付いたアメリカ。経済的だけでなく軍事的にも包囲網の構築を進める【覇権争い】

更新日: 2018年12月09日

1 お気に入り 1700 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

trauma2896さん

【日本語字幕】ペンス米副大統領 対中方針演説 (2018)【ノーカット】

※日本のマスコミは重要な内容でしかも中国に都合わるいことを報道しない自由を行使している
 日本の一般人だけでなく財界人・政治家が世界情勢に乗り遅れてバカになるのも無理も無い

【ペンス、怒りの背景】渡邉哲也「ペンスの演説を聞いていると米国の敵は中国人ではなく、中国共産党。しかし、実際は共産党の名を借りた開発独裁国家。これに対して異を唱えている」早く独裁政治を終わらせ、世界の癌を取り除いて下さい。トランプさん、応援してます pic.twitter.com/cGFt86b1OG

追加関税は90日の延期決定(ハルノートを突きつけられた日本と同様な状態に陥る)全面降伏か打って出るのか

結局、日本を対米戦に引きずり込んだのは、ルーズベルト政権の奥深くまで浸透していたソ連のスパイたちであった。現在、日本国内には、中朝韓の工作員がどれだけ潜んでいるでしょうね。 pic.twitter.com/iX0maJDEze

ファーウェイとZTEが米国市場から排除される理由 中国の電気通信企業が国家の手先となりあの手この手のサイバー攻撃 《横山 恭三》 #JBpress jbpress.ismedia.jp/articles/-/548… pic.twitter.com/RKreEgwSFX

習近平にとっての米中合意は、まさに屈辱の城下の盟そのものだ。様々な譲歩をして命ごいした結果、やっと手に入れたのは追加関税引き上げの90日猶予だが、この90日内に米国の満足する改革を自らしなければならない。「大国中国」の面子は丸潰され、アメリカの採点に運命を左右される立場となった。

つかの間の「成功」、摩擦再燃も=休戦90日、打開のめど立たず―中国(時事通信) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-… @YahooNewsTopics

昨日の米中合意にかんし、中国政府と国内メディアは「追加関税引き上げの90日猶予」を国民に完全に隠蔽している。習近平と中国にとってどれほど屈辱の合意であることがこれでよく分かろう。しかしそれでも習近平は米国と合意しなければならない。中国が完全に追い詰められていることの証拠である。

1980年代の日本叩きで起こったことが2018年の中国に起きている

【経済戦争だけではない】臓器売買の件でアメリカ政府も擁護できない状況(ウイグル人100万人強制収容所=臓器プールと化しているのが暴露)

【日本語字幕】トランプ米大統領 2018国連総会演説【ノーカット】

日本のマスコミでは冒頭部分の笑われた部分を皮肉って報道されていたが、全編みるとこの内容がペンス福大統領発言に繋がっていることが良く理解できる。
※日本のマスコミは重要な内容でしかも中国に都合わるいことを報道しない自由を行使している
 日本の一般人だけでなく財界人・政治家が世界情勢に乗り遅れてバカになるのも無理も無い

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10