1. まとめトップ

大谷翔平・レッドソックスに初戦10対1大破・大谷2回4安打3失点

2018年4月18日初めての苦戦。レッドソックスの強打を抑えられず、前回の投球とガラッと変わり悪い方向へ。

更新日: 2018年04月21日

1 お気に入り 236 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mizuki36

mizuki36さん

2018年4月18日 エンゼルスVSレッドソックス

大谷翔平登板 2回4安打3失点で降板

解説者の評価

本人も不本意な投球だったと思うんですが、客観的に見てボールがコントロールできなかったから、思うようにならなかったんだと片づけていいと思うんですね。

コントロールできなかった部分が原因は何って考えると、マメがって言う話であればもう解決策があるわけで、マメさえクリアすればいいという考えなら、そこまで考え込む必要はないと思う。

スライド登板で、感覚が空いてなおかつ指に不安があったと考えると、この結果もいたしかたないんだなという気がしますけどね。

今日の大谷の配球

・フォーシーム 37球
・スライダー  15球
・スプリット  13球
・カーブ    1球

投球数     66球

今日は特にスプリットのバラツキが酷かった。本当にどうすることもできなかったようだが、次回登板が同じようなことがないように、どうすればいいのか考えて臨んでもらいたいと思います。

大谷の場合は投げることを準備しつつ、打者として試合に出なきゃいけないので大変な作業になるとは思うんですけど、そういう大変な思いをして二刀流を続けるスタンスですから。

その苦労も当たり前だと思うとなんてことなく、こなせるんだろうなと思ってますけどね。

レッドソックスの情報

【レッドソックス】

13勝2敗 勝率.867 メジャー最高の数字

打率.275 2位

打点82 2位

防御率 2.58 2位

開幕直後に9連勝し開幕ダッシュに成功する。

【対戦前日までの状況】

寒波のため試合中止

大谷翔平 登板日がスライド

~試合中止 大谷翔平の声

常にプラスには捉えようと思っているので、休日が増えるということは、フレッシュな状態で次に臨めるということなので。

それはそれはそれでまたプラスじゃないかと思います。

レッドソックスとの対戦について

スライドは何回かやっているし、調整法は同じ。

素晴らしい球団だというのは誰もが理解していると思うので、打線も素晴らしい。

そこに対して負けないように準備をしていきたい。

1