すべて捨て猫や野良猫を保護するといった形で出会っているそうです。

「マミタス」は、しょこたんが高校の時の友達から譲り受けたそうで、そのとき人生のどん底だったというしょこたんは、マミタスに支えられて強く生きるようになったと言っています。そのため、マミタスへの思い入れが特に強いんですね!

「ルナ」は不忍池での撮影中に見つけてそのまま連れて帰り保護し、「つくし」も保健所に連れていかれる寸前で保護したのだとか。

「らい次郎」は家の近所で拾われ、「ポコニャン」と「股朗」は同じ誕生日の兄弟で、らい次郎の実の弟なのだとか。「ちび太」と「ねぎ」はしょこたんのお母さんが保護してきた猫だそう。
「ショコラ」も、Twitterの情報を見て、北海道の江差保健所まで保護しに行ったそうです。

「メポ」ははしょこたんのお母さんの中川桂子さんが久々にエステに行ったときに先生から茶トラのメスの子猫いらないですか?といわれて、数日後に譲っていただいたそうです。
桂子さんのブログでは譲っていただいた人からの情報を詳しく書いてくれていて、この子は4人兄弟として、譲っていただいた人の家の庭で生まれたそうです。
ですがその後、朝方に猫の大喧嘩の声が聞こえたと思ったら2匹が居なくなってしまったんだそう…。危険なので残った2匹は室内に移動しました。
このおうちは犬も飼っているようで、犬たちとも仲良く暮らしていた子猫たち♡そのうち1匹はもらわれて残ったのがしょこたんの家に来たこの子だとのことです!

前へ 次へ