1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

日本の美しい建物に感動するよ。現代建築おすすめ5つ

建物を遠くから眺めたい。そんな美しい風景もありますね。楽しませてくれるそんなデザイン…狭山の森礼拝堂、TOYAMAキラリ、リボンチャペル、ラ・コリーナ近江八幡、国立新美術館

更新日: 2018年05月09日

203 お気に入り 74907 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎日本の建物に目を向けてみたい…美しい。

▼建築も祈るような一体感がすごい!狭山の森礼拝堂

霊園の真ん中あたりから右手の森の方へと歩いていくと、森と霊園の境界辺りに森にまぎれるかのように建っているのがこの狭山の森礼拝堂。

「狭山の森 礼拝堂」は、手掛けた中村拓志氏曰く「人が祈ると同時に建築も祈るような一体感を意図して」設計された建築です。

構造は251本の集成材柱からなり、同時に特徴的な内観を作り上げています。各柱はわずか幅60mmであり、への字型の対となった柱を規則的に配置することにより安定的でありながら独特な曲面を形成しています。

中村拓志さんの狭山湖畔霊園 狭山の森礼拝堂。扠首構造の綺麗さ。t4のアルミ外壁、全て手曲げ。森に入って行くようにお祈りする為、タイル割が森の中に行くようにパース掛かってる。とても美しかった。ほんとに。 pic.twitter.com/CNnPHWrg4u

狭山の森礼拝堂(中村拓志NAP建築設計事務所2014) アルミ鋳物の厚板を重ねた屋根が思っていた以上に素晴らしく、美しさが際立っていました。 pic.twitter.com/WlOQZXnpD9

▼素材を組み合わせた個性的なデザイン。TOYAMAキラリ(ガラス美術館・図書館)

Toyamaキラリは予想以上に居心地がいい空間であり、そしてガラス美術館には客を楽しませる仕掛けがたくさんありました。

芸術的な外観「TOYAMAキラリ」。 富山市ガラス美術館です✨ 中もキラリとスゴいんですよ~❗ ちなみに、左下には路面電車が pic.twitter.com/nLZbgJdrzf

@ilsaber FF外から失礼します。富山県というド田舎にも隈研吾さんが設計されたTOYAMAキラリというドチャクソお洒落な図書館が御座いますよ! pic.twitter.com/kOQMm2CQkk

▼幸せのリボンをイメージした建物、リボンチャペル

建築家の中村拓志氏が設計した「Ribbon Chapel(リボンチャペル)」が、次世代の世界基準となる建築デザインに与えられる「リーフ賞」の最高賞を受賞した。

2本の階段がスパイラル状にチャペル全体を覆っているリボンチャペルは、2本のリボンが寄り添い合うように、2つの人生のめぐり会うことによる「永遠の繋がり」を表現しています。

394中村拓志&NAP建築設計事務所/Nakamura Hiroshi/リボンチャペル/広島県/ホテルに併設された施設/2重螺旋の構成で造形されている/ pic.twitter.com/vP0u6Hqne0

本作の特徴は言うまでもなくこの特徴的な形態だ。2つのらせん通路がクルクルと天に昇っていく造形になっている。2つのらせん通路を支える柱はごく細いものがあるだけで、基本的に通路同士が支え合って自立している。今までに見たことのない構造だ。

リボンチャペルもいいけど、となりのガラス張りの入母屋の建築がめちゃくちゃかっこよかった。プールも豪華だし。 pic.twitter.com/58s8NmsqAR

▼季節ごとに表情を変える建物、ラ・コリーナ近江八幡

世界的に活躍されている建築家・建築史家の藤森照信氏。ラ コリーナ近江八幡は、太古から現代まで世界のあらゆる建物を渉猟した藤森氏の設計

「草屋根」は、屋根一面が芝に覆われたユニークなデザインと栗の木が印象的な建物。建築家・建築史家の藤森照信氏によるもので、八幡山から連なる丘を背景とする風景に溶け込んでいる。

1 2