1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

実はメリットだらけ。「家に住まない」という生活を送る人々

あえて家を持たず民泊やホテルなどを利用して生活を送るというスタイルが注目を集めています。

更新日: 2018年04月19日

43 お気に入り 164085 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■家を持つということ

日本において家族生活の場であり,伝統的な社会の構成単位である親族集団をいう

とても大きな買い物です。金額的にも大きいですし、住む環境環境が変わることによる影響も大きくなる

居心地のいい家には幸せが集まってきます。ほっと心が休まるお部屋で毎日を過ごしたい

心安らぐ自分の部屋、リラックスして自分を弛めることができる場所は、現代を生きる私たちにとってとても大切

■しかし、今は家の常識が崩れつつある。なんと「あえて家を持たない」という生き方があるみたい

世の中にはちょっと変わった生活を送っている人もいるようです。今回のテーマは、「家に住まない男」。

全てを捨てて、身一つで暮らしてみたい。現在25歳の北畑淳也さんは、昨年7月末から現在までの約10ヶ月間、「家を持たない」生活を続けている。

アパートは「Airbnb(エアビーアンドビー)」で見つければいい。Airbnbは、主に個人宅の部屋を短期滞在者用に貸し出す事業

■色々とメリットがあるみたい

家がない暮らしを始めて体感しているメリットは、これまで「固定費」だった家賃を調節できるようになったってこと

家賃以外の固定費も抑えられるのか。市橋:さらに言えば、部屋もいつもキレイで掃除する必要もない

日々新しい刺激に触れることができるし、身軽だし、掃除の必要もないし、普通に暮らしていたら絶対に遭遇しなかった出会いもある

■いったいどんなところに宿泊しているのか?

Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイト

■タレントの武井壮さんも家なし生活をしていたとか

(武井壮)まあ、サウナとかホテルとか。あとまあ、公園とか。友達の家とかをローテーションして点々として。

(武井壮)で、まあ西麻布の夜道をダッシュして。トレーニングして、バーで休憩をするっていうのが日常だった

■みんなは「家なし生活」についてどう思っているのか

1 2