1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

遠山郷・下栗の里

南信州遠山郷の秘境、下栗の里においでよ!秘境マニアもビビる秘境中の秘境だよ! shimoguri.com/index.html goo.gl/sUjaJs pic.twitter.com/7FsGmpZoLQ

眼前に雄大な南アルプスを眺め、朝日が足元からのぼるような集落。

そこが「日本のチロル」と呼ばれる下栗の里です。「にほんの里100選」にも選ばれました。

天空の里「下栗」の絶景とディープな文化を体感しに信州・遠山郷へ!地元民がオススメするガチ秘境の楽しみ方をご紹介 国内旅行.まとめたよ.tokyo/?p=435 pic.twitter.com/k5air7UaHr

道の駅、遠山郷。 やっとお山の雪が溶けたので、峠を越えて行ってきました。 今まで食事とトイレだけだったけど、今日は温泉にも入ってみたら思いの外良かった また今度、湯治に来よう(*´-`) pic.twitter.com/JlZXrqgHz5

相倉合掌造り集落

「富山県」相倉合掌集落 合掌造りで有名なのは白川郷ですが、相倉も実は世界遺産に登録されています。隠れスポットですよ♪ pic.twitter.com/kvNixcZiiL

庄川の川面からやや離れた段丘上の、細長い台地に広がる集落。戸数27戸のうち、20戸が合掌造り家屋であり、その多くは江戸時代末期から明治時代にかけて建てられたものですが、最も古いものは17世紀に建てられたものと推測されています。

この合掌造り家屋をはじめ、寺院や神社、土蔵、板倉などの伝統的な建物、屋根葺きに必要な茅を取る茅場、集落を雪崩から守る雪持林などが史跡として大切に保存されています。

やっと来れた❗️ 世界文化遺産の「相倉合掌造り集落」。 富山からだとこんなに近いんだ(@_@) 雨降りで寒いけど、眺めてるだけでワクワクする〜(^^) pic.twitter.com/fJjGV85xYy

椎葉村

以前横picで紹介した椎葉村「仙人の棚田」 宮崎の(もしくは椎葉の)マチュピチュと言われるのも頷けます。 Googleマップにも「仙人の棚田展望台」で行けますが、いろんな意味である程度の覚悟は必要です(笑) pic.twitter.com/sBwzRmxFag

九州山地に位置する宮崎県椎葉村。537平方キロと広大な面積を持ちながら、96パーセントを山林が占める。この村の下松尾地区にある棚田は近年、絶景として注目を浴びている。

江戸時代末期から明治にかけて、当時の庄屋・松岡久次郎が中心となって、総延長約3キロの水路を開拓し棚田が作られたという。現在、村内有数の米どころになっている。

さらに面工房に日本初のアーチ式のダム。椎葉村での濃密な3日間でした。 #環境教育 pic.twitter.com/XhHKhC3WND

【宮崎県椎葉村】 1日たったの2.5往復!JR日向駅よりバスで2時間半、平家落人伝説の里・椎葉村にある、全棟離れの宿「旅荘 陣屋の里」。 yutosoken-pr.com/?eid=61 pic.twitter.com/T6f9FkWF73

4月10日晴れ☀ 椎葉村へとにかく山深いところに有ります❗ 日本民俗学発祥の地~椎葉民俗芸能博物館で勉強✏ 上椎葉ダム~絶景ですね 仙人の棚田❗展望台まで歩いて一時間以上⤵ その後、元旅人のご夫妻のお家に泊めて頂きました❗ pic.twitter.com/SxdxVtgUGw

長野県南木曽町

南木曽町は、長野県の南西部、岐阜県(中津川市)との県境に位置し、東西20km・南北15kmで山岳に囲まれ、町の中央を流れる木曽川とその支流をはさむ段丘に沿って、与川・北部・三留野・妻籠・蘭・広瀬・田立の7集落が細長く形成されています。

居住地の標高は300mから950mに及び、総面積の93%が森林で占められています。町の基幹産業は木材木工業でしたが、近年は妻籠宿等の観光資源を活かした観光産業が基幹産業となっており、年間の観光地利用者数は79万5千人余となっております。

1 2