1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

スゴいのが出てきたぞ...クレジットや鍵になるスマートリング登場

スマートフォン、スマートウォッチ、スマートグラス(メガネ型)、次に来るのは指輪型「スマートリング」か?クレジットカードや認証にも使える指輪「Token」が本格的に流通を始める。

更新日: 2018年04月22日

56 お気に入り 28478 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スマートフォン、スマートウォッチ、スマートグラス(メガネ型)、次に来るのは指輪型「スマートリング」か?クレジットカードや認証にも使える指輪「Token」が本格的に流通を始める。

キャッシュレス化に向かって、貢献しているのが電子マネーやウェアラブルデバイス

日本はまだまだ現金決済が中心

キャッシュレス化が進展している国では軒並み40~60%台であるのに対し、日本は18.4%と大きく出遅れ

経済産業省は11日、2025年までに電子マネーやモバイルウォレットなどで支払うキャッシュレス決済の比率を現状から倍増の40%に高める

未だに現金主義なのはなぜか

預金者は、1日の大半の時間は1回あたり108円~216円のATM手数料を払いながら、自分のおカネを引き出している

ATM手数料だけで利益を稼いでいるセブン銀行では、純利益261億円のうちの99%をATM手数料で稼いでいる

安易にキャッシュレス化を進めてしまうと、銀行経営の悪化に直結する可能性が高い。マイナス金利や大規模緩和で経営基盤が揺らいでいるところに、キャッシュレス社会への移行を急ぐわけにはいかない

そんな中、ネクストウェアラブルデバイスが話題に

Token」は指輪型のデバイスで、非常に小型であるにも関わらず、クレジットカードや電子マネー、車のキー、アクセスカードやパスワードといった電子情報の送信が可能な“スマートリング”である

2017年12月に開始したプレーオーダーは完売し、今年の春には本格的に生産を開始し、日本からの注文も受け付けている

●使い方について

スマホに専用のアプリをインストールして、クレジットカードやSuicaやPASMOなどの交通ICカードを登録するだけ

●利用場所、利用方法は?

お店や改札を通る際にTokenをカードリーダーにタッチするだけで支払い完了

対応するスマートロックを自宅に導入すれば、家のドアの開け閉めもTokenだけでできてしまう

Tokenを装着した状態でパソコンをコンコンと2回ノックするだけで登録したパスワードを自動で入力しログインできたり、車にノックするだけでロックを解錠することもできる

●機能やデザインについては?

50m防水仕様で水泳やシャワーの時に指輪を外す必要がなく、1回の充電で約2週間も使用できる

1 2