1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

日本人写真家、イラストレーターが製作に関わった洋楽アルバム・ジャケット

rinakoriwoさん

スティーリー・ダン「Aja」(1977年)

スティーリー・ダンの代表作「Aja」のジャケットは日本を代表する世界的モデル、山口小夜子を被写体に、日本人写真家の藤井秀樹が撮影。

今日は 改めてこのアルバム 聴き込む日にしよう スティーリーダン「彩」 娘の名に使った一文字 ジャケの山口小夜子さん 美しさの衝撃 未だ鮮烈 Steely Dan / aja youtu.be/jzU-0lOZDSw pic.twitter.com/YBll8BF7W9

ビョーク「Telegram」(1996年)

天才写真家 アラーキーこと荒木経惟が撮影したポートレート。元々、ビョーク自体が親日家でアコーディオン奏者のcobaと共演したり、アートディレクター石岡瑛子にPVの撮影をしてもらったり、川久保玲やジュンヤ・ワタナベの服を好んで着たり、そして、写真家 荒木経惟のファンであった。

このビョークのポートレート見た時点で普通にアラーキーすげーなってなったけど… pic.twitter.com/4YHcT7amah

カーペンターズ「Now & Then」(1973年)

アメリカに在住していたイラストレーター長岡秀星による作品。アース・ウィンド・アンド・ファイアーの作品を多く手掛け、アメリカの大手企業を顧客に持っていたイラストレーター。

長岡秀星さんのアルバムジャケット、カーペンターズ「NOW&THEN」。「イエスタデイ・ワンス・モア」から始まる、永遠に色あせないオールディーズのカヴァー・メドレーを歌う夭折したカレンの歌声に泪 - Oldies Medley: youtu.be/P-juWpe5STk

ウィーザー「Pinkerton」(1996年)

歌川広重の東海道五十三次の浮世絵を使用

おそらく人生で1番再生回数多いアルバム ウィーザーのピンカートン ジャケットの浮世絵もだいすき 歌川広重の東海道五十三次らしいよ 歌川広重にジャケット描いてもらいたいなぁ ハッピーピープルにぴったりやなぁ pic.twitter.com/4xy23cVC7M

コートニー・ラブ「America's Sweetheart」(2004年)

キャラクターデザインを矢沢あい、原作をコートニー・ラヴが担当した日米合作漫画「プリンセス・アイ物語」。日本盤のみのジャケットだが、矢沢あいのファンであったコートニー・ラブとの共作からできたジャケット。

コートニーラブで思い出したけど矢沢あいさん、コートニーラブのジャケも描いてるんですよね コートニーラブといや故カートコバーンの元嫁 シド&ナンシーの次に有名なロックンロールカップル pic.twitter.com/SGN378MYVq

デヴィッド・ボウイ「Heroes」(1977年)

ボウイの不思議なポーズは、オーストリアの画家エゴン・シーレの自画像を真似たもので鋤田正義が撮影

今朝の日経に、写真家の鋤田正義さんの記事が出ています。 デヴィッド・ボウイに出会ったのが34歳ということで、そこから長く撮影されたのはすごいですね。個人的にはデヴィッド・ボウイを阪急電車で撮った写真が印象的です。 英雄ボウイ 肖像… twitter.com/i/web/status/9…

マイルス・デイヴィス「Agharta」(1975年)

横尾忠則制作による東洋の地下神話やアフロフューチャリズムからインスピレーションを得た先進文明の都市景観を描いた作品

1 2