皆さんが僕自身1人に注目して温かい目や「おめでとう」っていう声などが、自分の心に、脳裏に焼きついたと思っています。

たぶんこれは地元だからこそ、自分にしか味わえない光景で、気持ちの量や質だったり、地元にいるからこそ、しっかりと心の中に持ち続けて過ごしていきたいと思える瞬間でした。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【羽生結弦】仙台パレード約10万人超!「復興のきっかけになるよう心がけたい」

2018年4月22日午後1時半過ぎから、仙台市の繫華街・約1・1キロのコースをパレード。約12万人を超える観衆が集まった。パレード後の記者会見で復興に対する思いを語った。

このまとめを見る