羽生結弦選手は、東日本大震災の復興に役立ててもらおうと、宮城県と仙台市にそれぞれ500万円ずつ寄付金を贈り、知事と市長に目録を手渡した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【羽生結弦】仙台パレード約10万人超!「復興のきっかけになるよう心がけたい」

2018年4月22日午後1時半過ぎから、仙台市の繫華街・約1・1キロのコースをパレード。約12万人を超える観衆が集まった。パレード後の記者会見で復興に対する思いを語った。

このまとめを見る