1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

GWには各地の窯元で陶器が安く買える市が開かれます。半額なんてことも。事前に色々と調べて、行楽かねて賢く高級食器を手に入れてみませんか?

おぎょさん

【茨城】第37回 笠間の陶炎祭(ひまつり)

開催時期:4月29日~5月5日

笠間の陶炎祭(ひまつり)は毎年4月29日~5月5日に笠間芸術の森公園イベント広場で開催される茨城県下最大のイベントです。200軒以上の陶芸家・窯元・地元販売店などが、広大で緑豊かな笠間芸術の森公園イベント広場に集い、個性豊かな店作り と作品でお客様を迎えるという、他に類を見ない陶器の祭典です。

イベント詳細は下記を確認ください。

笠間焼について

信楽焼をルーツとし、益子焼のもとにもなっている笠間焼。全国に数ある窯業産地の中でも、その産地のルールにとらわれず、個性を尊重した作家本位のスタイルが許される珍しい窯業産地です。笠間という産地を好んで集まった作家が作る、全ての作品が笠間焼。

もっと知りたい方は下記サイトを参考に!

【栃木】第101回益子春の陶器市

開催時期:4月28日~5月6日

1966年(昭和41年)から始まり、例年、春のゴールデンウイークと秋の11月3日前後に開催されます。販売店約50店舗の他約500のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、 美術品まで販売されます。

益子陶器市は会場が決まっておらず、地域の商店や窯元が参加し、街全体のイベントとなっています。普段の販売価格から2割〜5割引き程の値段で買うことが出来ます。

詳細は下記を確認ください。

益子焼

益子焼は江戸時代末期、笠間で修行した大塚啓三郎が窯を築いたことに始まると言われます。以来、優れた陶土を産出すること、大市場東京に近いことから、鉢、水がめ、土瓶など日用の道具の産地として発展をとげます。現在、窯元は約250、陶器店は50。若手からベテランまでここに窯を構える陶芸家も多く、その作風は多種多様です。

もっと知りたい方は下記を参考に!

【石川】第110回九谷茶碗まつり

開催時期:5月3日~5月5日

ゴールデンウィークに能美市の九谷陶芸村にて開催されます。九谷焼の窯元、製造業者や卸店の約100ものテントが並び、3日間で30万人もの人が訪れます。高級品から普段使いまで、日頃の価格とは比べられない破格のお値段で販売されます。

1 2 3 4