1. まとめトップ

良い意味でクズ代表俳優…最近の田中圭が変幻自在すぎるw

「おっさんずラブ」に「不倫食堂」,そして「伊藤くん A to E」まで…かつてのさわやかイケメン:田中圭さんが日本を代表するクズが似合う俳優になっています!愛すべきクズとはまさにこのこと…感無量でまとめてみました。

更新日: 2018年04月23日

8 お気に入り 53670 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

役の幅がすごすぎる…ただのイケメンじゃないぞ…w

critical_phyさん

再びブレイクしまくってる…田中圭さんに女子たちが釘付けになっている!

2003年、ドラマ『WATER BOYS』で山田孝之演じる主人公の親友・安田孝の役を務め、メインキャストではなかったものの注目を集める。

「世界の中心で、愛をさけぶ」(04)、「タイヨウのうた」(06)、「牛に願いを Love&Farm」(07)、「官僚たちの夏」(09)、NHK連続テレビ小説「おひさま」(11)など話題のドラマに出演する。

田中圭さんは中性的なルックスから、「温厚なキャラクターばかりを演じている」と思われがちですが、決してそんなことはありません。高橋一生さんと竹内涼真さんが「2017年のブレイク俳優」なら、田中圭さんはドラマ10作に出演した「2017年の隠れブレイク俳優」。

そんな田中圭さん…女子たちの心を鷲掴みにしちゃってるみたい!

初回から大反響…「おっさんずラブ」での演技が話題に!

2018年4月21日(土)より、テレビ朝日で放送がスタートした『おっさんずラブ』。田中圭さん演じる春田創一が、上司の黒沢部長をはじめ、なぜか男性にばかりモテてしまう…という異色のラブストーリーです。

タイトルどおり、 “おっさん” と “おっさん” が切ない恋愛を繰り広げる胸キュンラブストーリー。「ある日、僕は部長に告白された。」というキャッチコピーに秒で心をつかまれる人は、きっと少なくないことでしょう。

素人目にも低予算でつくられていることは一目瞭然だが、人間ドラマがしっかりと描かれていて素晴らしい仕上がりになっており、23時台の深夜ドラマという放送枠ではもったいないと感じる、まさに宝石のようなドラマだ。

二人の男性から同時に愛されてしまう春田の、仕事には一生懸命だけど少しダラシないキャラクター設定にSNS上では「“クズかわ”っぷりがカワイイ」「はるたんを好きになる理由がわかる」「そりゃ愛されちゃうよね〜」などの声が番組冒頭から殺到。

お客さんへ親身な対応をする姿や後輩のミスを責めずにフォローするなど、人のよさを垣間見せる場面も。ダメ男だけど、心優しい性格というギャップが魅力的に映ります。“ロリ巨乳”好きを公言している春田ですが、1話では黒沢部長から突然告白され、さらに…。

田中は「ふざけるところは思い切りふざけていますが、真剣に恋愛ドラマを作っている気でいます。名作になる予感しかしません」と高らかに宣言。

田中圭って、ダメ男役をさせたら右に出るものいないんじゃないかと思う。(褒め言葉) #おっさんずラブ

これは良いクズ…「不倫食堂」は要チェック!

グルメ×人妻を描いた人気マンガ『不倫食堂』が、動画配信サイト「FOD」で実写ドラマ化する。ネット上では「どんな作品になるんだろう」「絶対に見逃せない」という声が上がっている。

田中演じる主人公の山寺は、都内某企業に勤める35歳・妻子持ちの会社員。出張先でご当地グルメの“食べ歩き”を生きがいとしているが、なぜか行く先々で美しい人妻に出会う。

ご当地グルメの美味しさはもちろん、女性が食事をする際の色気を映像で表現。これまでのグルメドラマとは少し異なり、“美食×美女”を描く1話完結型の大人のためのグルメ・コメディだ。

主演の田中は今回のドラマ化に対し、「最初に『不倫食堂』とはなんだ!? というところから、まずは原作マンガを読みました。とても面白かったのですが、なんでこれをやろうと思ったのか!? という驚きがありました(笑)」。

「短い時間で、本当にくだらなくて、気軽にみられるドラマです。とてもバカバカしくて、深い内容は一切ありません(笑)美味しい食事とセクシーな美女をご堪能ください」。

コメディタッチな芝居ではありますが、やけに色気のある田中圭さん。ベッドシーンは軽い感じも見せつつ、リアルな演技に女性はドキドキしちゃいますね(笑)。

こんな声も…

これぞ隠れた名作…「伊藤くん A to E」の演技も注目を集めまくった!

32歳、落ち目の脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)が、自身が出版したエッセイ本のトークショーに参加した女性たちの中から「伊藤」という同じ名の男に悩む4人の女性に興味を持ち、彼女たちの体験談を基に起死回生の脚本づくりに奔走するさまを描いた。

“痛男”伊藤に岡田将生が扮する。そのほかキャストに佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭が集結している。

1 2