羽生が乗ったパレードカーはマーチングバンドが奏でるフリー曲「SEIMEI」に合わせて、ゆっくりと進んだ。4年前より220メートル延びた1・1キロの沿道には10万8000人の大観衆。金メダルを首にかけた羽生は約40分間、道路の両側に笑顔を向けて手を振り、「ありがとうございます」を繰り返した。

 大勢のファンから祝福を受けた五輪王者は「地元だからこその光景、自分にしか味わえない光景でした。金メダルの重みを感じました。今回は皆さんの期待を受け止めきれた」と喜びをかみしめた。

出典羽生 パレードに10万8000人!「自分にしか味わえない光景 金メダルの重み感じた」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ