1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tldzkek100さん

コンビニにはなるべく寄らない

飲み物とちょっとしたお菓子を買っただけでも1回500円の出費に。お腹が空いていれば出費は倍増。コンビニは、便利で危険な場所でもあるんです。そこでAさんは水筒を持参し、ダイエットのためにも間食は最低限、そして本当に用事がある時だけコンビニへ。これで週7日行っていたコンビニ通いが週2ペースに減り、毎日通っていた頃に比べると月額10,000円以上の節約になったそう。

スマホ料金を節約する

現在はMVNOであるOCNのSIMを利用しています。

これによって4935円(ドコモのパケホーダイライト)から980円になりました。

簡単に説明します。

OCNは携帯電話の回線を持っていません。

そこでドコモの回線を借り、OCN独自のブランドとして回線を提供しています。

いわゆる又貸しみたいなものですね。

目的を持つことも実はとっても大事

家や車や旅行が大きな目的だとしたら、身近な生活用品や趣味などに使うためのお金を貯める目的を持ちましょう。

これね、すっごいやる気でます。
貯めようってパワーが出ます。

小さな目的のために貯金ができれば、貯金が出来る自信が出来て大きな目的も実現ができるからです。

給料日に貯金する

あなたが一番お金を持っているのは給料日である。

だから100%貯金するには、給料日に貯金をすればいい。

給料日から3日以内に、銀行に貯金を振り込もう。

つもり貯金

煙草を買ったつもりで貯金、スイーツを買ったつもりで貯金など、買ったつもりになってその金額を貯金してみましょう。

最初はストレスがたまる貯金方法ですが、お金が貯まる様子が目に見えてわかり始めると、どんどん貯金したくなります。

ただ無理は禁物なので、すべてをつもり貯金にするのではなく、半分くらいを目安に頑張ってみましょう!

節約はまず固定費から

「固定費」とは家賃・住宅ローン・保険料・ローン返済・通信費・習い事費・光熱費の基本料金部分・その他いろいろな月額制サービス…などのことを言います。

つまり“毎月おなじ金額を支払っているもの”ということですね。

はじめて節約をはじめよう!という時にはこの固定費から削減するのが鉄則です。

なぜなら“いちど実行してしまえばその節約効果がずっと続く”ため、楽して大きな効果が期待できるためです。

リンク

1