1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

目頭切開の施術で評判のドクター(名医)をまとめました。

yu_koikeさん

目頭切開はメスを入れる皮膚のわずか数mmの違いで顔の印象がガラリと変わる手術。そんな目頭切開を行う医師には高度なデザインセンスと技術力が求められるます。
その逆にテクニックがない未熟な医師が目頭切開を行うと失敗につながることも考えられます。目頭切開を行う際は、なるべく「名医」と呼ばれる腕のいい医師に依頼するようにしましょう。
こちらで紹介しているのは目頭切開に定評のあるクリニックの医師ばかり。それでは、信頼できる医師探しをお手伝いします。

目白ポセンシアクリニック「永久 晶浩」院長

永久晶浩院長は関西出身。
国立神戸大学医学部を卒業し、麻酔科で麻酔術・救急医療を習得したのち、大手の美容外科東京院副院長も経験するなど美容外科医として活躍しています。
その後、公開医療や他院修正術、夜間オペや交通費支給制度といったコンセプトを打ち出し、2002年3月に目白ポセンシアクリニックを開院。
現在は院長自らが開発した「パーソナルデザイン法」や、心理学やパーソノロジー(顔面分析学)を取り入れた最新の診察を行っています。

院長略歴

国立神戸大学医学部卒業
神戸大学付属病院勤務
大手美容外科勤務
大手美容外科東京本院副院長を経て
H14年 目白ポセンシアクリニック開院

資格等

日本美容外科学会認定専門医
日本美容外科学会会員
日本美容形成外科医師会会員
日本美容外科医師会会員
点滴療法研究会会員
高濃度ビタミンC点滴療法認定医

目白ポセンシアクリニックの目頭切開とは
傷跡が分かりにくい、違和感のない自然な仕上がり、仕事や学校に早く復帰できる。
60分かけて慎重に施術を進め、傷跡が目立たない方法を検討。患者さんそれぞれにふさわしい形で仕上げる。
いろいろな施術法(Z法・W法・三日月法など)を使い分ける。Z法によりできるドッグイヤーの修正を施術中に行い、術直後から自然に見える仕上がり。
手術後の腫れが少ない証明として、手術直後の写真をHPに多数掲載。

湘南美容クリニック柏院「宮内 哲平」医師

宮内哲平医師は慶応義塾大学医学部卒業後に東京都保健医療公社大久保病院に勤務。
その後、2つの病院の麻酔科に務め、2012年に湘南美容クリニックに入職しています。
いつもニコニコしていて、優しくて気さく、話しかけやすいということでスタッフからも患者からも慕われている人物です。
麻酔のプロという一面も持ち合わせており、ナースから聞こえてくるの声によればとても頼りがいがあり、手先の器用さや施術の丁寧さへの高評価がうかがえます。

経歴

2007年慶應義塾大学医学部卒業
東京都保健医療公社大久保病院
2009年東京都立広尾病院 麻酔科
2010年日本医科大学病院付属病院 麻酔科
2012年湘南美容クリニック 入職

備考

厚生労働省麻酔科標榜医
日本美容外科学会会員
サーマクール認定医
VASER認定医
ボトックスビスタ認定医
ミラドライ認定医
ジュビダームビスタ認定医

宮内哲平医師の自己紹介
「こうするともっと綺麗です」

お一人お一人のご要望通りに施術するだけではなくより綺麗に、より理想の姿に近づけるように導く事が本当の美容外科医の仕事であると思います。

大切な人を、もっと綺麗に。

綺麗に変わった姿を見て、最高の笑顔を見せてもらった瞬間が私にとって大きな喜びであり、最高に幸せな瞬間なのです。

一人でも多くの方に、今よりもっと素敵な笑顔になって毎日をキラキラ輝くものにして欲しいと願い仕事に向き合っています。

二重、若返り、豊胸、痩身…
どんなお悩みでもお聞かせ下さい

日本屈指の環境で磨き上げた、感性と技術をもってあなたを最高の姿にプロデュースします。

共立美容外科「久次米 秋人」CEO兼総括院長

久次米秋人CEO兼総括院長は、日本美容外科医師会理事に就任しており、さまざまな学会の会員として籍をおく人物。
金沢医科大学医学部を卒業後は、高知医科大整形外科に入局し、共立美容外科の本院を開院しています。
美容整形についての著書も多数出版。
そんな久次米秋人CEO兼総括院長の理想は、一人ひとりとのコミュニケーションを大切にし、患者の立場に立った医療を行うこと。
美容外科手術ではクオリティーの高い施術を行うことを信念として掲げています。

日本美容外科医師会理事
日本美容外科学会認定専門医

略歴
1983年
金沢医科大学医学部 卒業
1983年
高知医科大整形外科入局
1989年
東京本院(品川)開院
2002年
本院を新宿に移転

主な加盟団体
日本美容外科医師会理事
日本形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本美容外科学会認定専門医
日本脱毛学会会員
北米脂肪吸引形成外科学会会員
日本坑加齢美容医療学会会員

久次米医師は、全国に19もの医院を展開する、「共立美容外科」のCEO兼総括院長。京都院の院長も務めます。数多くの実績を積み、オリジナルの治療法を確立するなど、日本の美容医療界で、中心的な役割を担ってきた、経験豊富なドクターです。久次米医師は、満足度を大切に、押し付けの医療はしないことを心がけ、患者の立場に立った美容医療を行うことをモットーとしています。さらに「切らない二重手術」や、特許を取得したわきが・多汗症治療などを開発し、患者への負担の少ない手術を追求されています。再生医療分野にも積極的に取り組んでおり、今後も日本の美容医療界を引っ張る、リーダーとしての活躍が期待されています。著書「シワ伸ばしクリニック」(竹書房)、「ボディクリニック」「フェイスクリニック」(笠倉出版社)、「脅威!!次世代ワキガ・多汗症治療法」(冬青社)ほか多数。

ヴェリテクリニック銀座院「福田 慶三」院長

福田慶三院長は、名古屋大学医学部卒業。その後、米国メイヨークリニックなどで研修を重ね、複数のクリニックの外科を勤務。2004年にはヴェリテクリニック銀座院の院長、そして理事長にも就任しています。
顔は人間同士がコミュニケーションを取る役割を担っているいると説き、顔のコンプレックスはそれを妨げるものだと明言。そのコンプレックスを取り除くことが美容整形の使命だという理念を抱いています。
物腰は柔らかで人当たり良さを感じる人物です。

経歴
1985年名古屋大学医学部卒業
1987年~1989年米国メイヨークリニック等で研修
1989年~1992年米国ミシガン州Craniofacial InstituteとProvidence Hospitalにて研修
1995年小牧市民病院形成外科部長
2002年愛知医大形成外科講師
2002年大手美容外科院長・医療次長を経て
2004年ヴェリテクリニック銀座院院長
2004年ヴェリテクリニック理事長 就任

資格・所属
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本美容外科学会(JSAS)専門医

テレビ出演をされていた福田先生に目の手術をしてもらいたくて、ずい分待つことになりましたが、予約を入れました。カウンセリングは別の先生でしたが、知識も豊富で手術に関しても良く納得できました。執刀は福田先生にしていただけて、仕上がりも思った通りのくっきりした二重になり、すごく満足しています。(30歳:女性)

ヴェリテクリニック銀座院で、福田先生に、目頭切開の手術をしていただきました。手術をしてもらったら、イメージしていた通りのキレイな二重になり、大満足。やっぱりこちらにお願いして良かったです。ただ、もうちょっとスタッフの方の対応が良いとさらに良い評価ができたかな、と思います。でも、福田先生の手術の腕は、最高ですよ!(28歳:女性)

手術費用が高いとは聞いていましたが、仕上がりにすごく満足しているので、私は高いとは感じませんでした。尊敬する福田先生に執刀してもらうことができ、安心してお任せすることができたので、終始リラックスしていられました。仕上がりは、重たい印象だった目元がはっきりとした印象になり、生まれ変わったようで、毎日楽しく過ごせています。(45歳:女性)

プリモ麻布十番クリニック「大場 天祐子」院長

プリモ麻布十番クリニックの大場天祐子院長は、京都府立医科大学の卒業生。
日本形成外科学会専門医や日本美容外科学会正会員、日本美容皮膚科学会正会員などさまざまな肩書きを持ち、漢方アドバイザーとしての一面も備えています。
女性患者の中には男性医師に美容整形の相談をすることに戸惑いを覚える方も少なからずいますが、同性であり、優しさを感じられる大場天祐子院長のような人物であれば、抵抗なく目頭切開についての質問も行えるのではないでしょうか。

■経歴
1999年 京都府立医科大学卒業
京都大学形成外科医局入局。 大学病院や和歌山日赤医療センター、倉敷中央病院、京都第二赤十字病院等の市中病院で形成外科全体の研鑽を積む一方、形成外科・美容外科で美容医療のトレーニングを受ける。
2006年 リッツ美容外科 東京院
2007年 広尾プライム皮膚科 中目黒ウォブクリニック
2008年〜 プリモ麻布十番クリニック 院長

■資格・所属学会
京都府立医科大学卒/日本レーザー医学会正会員/日本形成外科学会専門医/日本抗加齢学会正会員/日本美容外科学会正会員/日本東洋医学会正会員/日本美容皮膚科学会正会員/漢方アドバイザー

昔から目が小さいのがコンプレックスでずっと施術をしたいと思っていたので、今回は思い切って施術を受けてみることにしました。施術をスタートする前に麻酔をしていたので、施術中の痛みはとくにありません。術後直後は瞼につっぱっている感じはありましたが、3日もすれば腫れもなくなりました。1週間後にはスッピンでも傷跡が目立たないくらいにまでなったので良かったです。(30代/女性)

施術となると一生ものなので「実績があるクリニックを利用したい」と考えていたときに見つけたのがプリモ麻布十番クリニックです。現在は施術をして3ヵ月が経過していますが、私の腫れぼったい一重瞼が、理想のぱっちり二重になりました!もっと早めにやっておけば良かったと後悔するくらい満足しています。(20代/女性)

カウンセリングの際に麻酔や施術の方法、万が一のアフターサービスについて詳しく話してくれたため安心して任せられました。いままでは人と顔を合わせるのも嫌だったのが、目のコンプレックスを解消できてからは人と話すのが楽しくなって、以前より性格が明るくなれたと思います。(20代/女性)

目頭切開の名医と呼ばれるドクターの条件とは?

このサイト内で紹介している目頭切開の名医と呼ばれている医師たちのこだわりやポリシーを並べてみると、いくつかの共通点が見えてきます。

カウンセリングが手厚いこと
メリットだけでなくデメリットも提示すること
ある程度の一般的な施術に長けていること
その上でマニュアル通りではない独自のデザインや技術を持っていること
常に最新の医療や整形技術にアンテナを張っていること
他院からの修正手術・再手術も得意なこと
このように、名医の条件とは「カウンセリング力」と「技術力」にかかってることがわかります。

1