永久晶浩院長は関西出身。
国立神戸大学医学部を卒業し、麻酔科で麻酔術・救急医療を習得したのち、大手の美容外科東京院副院長も経験するなど美容外科医として活躍しています。
その後、公開医療や他院修正術、夜間オペや交通費支給制度といったコンセプトを打ち出し、2002年3月に目白ポセンシアクリニックを開院。
現在は院長自らが開発した「パーソナルデザイン法」や、心理学やパーソノロジー(顔面分析学)を取り入れた最新の診察を行っています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る