1. まとめトップ

アカデミー賞受賞女優・愛犬をクローン犬にしたことで全米日本賛否両論の声…あり?なし?

アカデミー女優のとった行動に全米で賛否を呼んでいる。それは自分の愛犬をクローンのすることに…あり?なし?

更新日: 2018年04月24日

0 お気に入り 4429 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mizuki36

mizuki36さん

飼い主が自身のインスタグラムに投稿

この2匹の犬はクローン犬

その飼い主とは

女優 バーブラ・ストライサンド(75)

1968年に公開された映画『ファニーガール』で主演を務め、アカデミー賞・主演女優賞を受賞したバーブラ・ストライサンドで現在75歳。

歌手としても成功を収め、グラミー賞を受賞。アルバムの売り上げは7200万枚。

アメリカでは知らない人はいないほど有名人。

14歳で死んだサマンサ

バーブラ・ストライサンドが飼っていた犬は、メスのサマンサ。

去年14歳で死んでしまったという。

ただ、サマンサが生きていた時に細胞を採取していて、死んでしまったあと業者に依頼し、クローン犬として誕生させた。

なぜ、愛犬をクローン犬にしたのか?

バーブラ・ストライサンドの声

14年、連れ添った愛するサマンサを失ったことが、あまりにショックで悲しく、どうにかして彼女を手元に置いておきたかった。

韓国で世界初のクローン犬誕生

2005年に韓国で初めてクローン犬の誕生に成功して話題に。

その後も年を追うごとにクローン技術は進化しているという。

忠南大学 キム・ミンギュ博士

一般のクローン犬は一年間で、約20頭くらい外国の注文を受けて誕生させています。

クローンペット事業がスタート

こうした技術がアメリカにも渡りテキサス州にある『ビア ジェーン ペッツ』という会社では、2016年から犬や猫をクローンペットとして誕生させる事業を開始。

1 2