1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

richman1さん

広島東洋カープの背番号「3」が永久欠番なのは知っていますか?

永久欠番の背番号「3」をつけていたのは衣笠祥雄

4月23日夜

衣笠祥雄さんが23日夜、東京都内で大腸がんのため亡くなりました。71歳でした。

衣笠祥雄はどんな選手だったの?

元広島東洋カープの衣笠祥雄(きぬがささちお)は、「鉄人」の愛称でおなじみ。現役時代は、山本浩二とともに、赤ヘル打線の中軸として活躍し、三振を恐れないフルスイングでファンを沸かせました。

通算安打数は2543本(歴代5位)、通算本塁打数は504本(歴代7位)、通算打点数は1448打点(歴代10位)と山本浩二と張本勲しかいない、500本塁打、200盗塁も達成している。

元連続試合出場世界記録保持者

1970年秋の巨人戦以来、161回もの最多死球を受けながらもケガをおして出場。連続試合出場の記録更新を重ね、1987年にはルー・ゲーリックのもつ世界記録を抜いた。この直後、球界2人目の国民栄誉賞を受賞し、記念すべき年となった10月、シーズン終了後2215試合出場記録を最後に引退した。

獲得タイトル

打点王:1回 (1984年)
盗塁王:1回 (1976年)
最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1972年) ※1994年より表彰

表彰

MVP:1回 (1984年)
ベストナイン:3回 (1975年、1980年、1984年)
ゴールデングラブ賞:3回 (1980年、1984年、1986年)
月間MVP:4回 (1975年6月、1979年9月、1982年6月、1983年7月)
正力松太郎賞:1回 (1984年)
日本プロスポーツ大賞
大賞:1回 (1984年)
殊勲賞:1回 (1987年)
国民栄誉賞 (1987年)
広島県民栄誉賞 (1987年)
京都市市民栄誉賞 (1987年)[20]
新語・流行語大賞 特別賞 (1987年、「鉄人」)
野球殿堂競技者表彰(1996年)

衣笠祥雄が残した名言

誰にも好きなことはあるだろう。
やっていて飽きないことがあるだろう。

だからお父さんは言うんだよ。
何でも好きなことをしなさいって。

好きなことには、
きみたちの素質があるからなんだ。



どんな時でも、
投げてくる球をしっかり見据えて、
フルスイングしないと何も残らない。

明日につながらないんです。
人生だって同じかもしれませんね。

広島に勇気を与えてくれてありがとうございました。

ご冥福をお祈りします。

1