1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

プロ野球界から芸能界まで‥衣笠祥雄さん訃報に悲しみの声が止まない

元プロ野球広島東洋カープの内野手で、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄(きぬがささちお)氏が、23日夜に上行結腸がんのため東京都内で死去したことが24日分かった。71歳だった。プロ野球記録の2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれていた衣笠さんの突然の訃報に追悼の声が広がっています。

更新日: 2018年04月26日

9 お気に入り 24817 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

衣笠祥雄さんのご冥福をお祈りいたします

karumaru0505さん

●元広島東洋カープの”鉄人”衣笠祥雄さん死去

1970年代中盤~80年代の広島カープの黄金時代に主軸として活躍し、連続試合出場日本記録を持つ「鉄人」衣笠祥雄さん

●今月19日の「DeNA-巨人」戦で試合の解説を務めたばかりでした

今月19日の「DeNAVS巨人戦」でも試合を中継したBS-TBSで解説を務めたばかり。

実況アナウンサーからプレーへの意見を求められた際にかすれた声を絞り出していたほか、時には声が聞き取りにくいだけでなく、聞こえない場面も。

●突然の訃報に悲しみの声が広がっています

え?衣笠さんこないだカープの特集番組かなんかでインタビュー見たばっかのような…。マジで?

衣笠さん亡くなったのショック… 優しく喋る解説好きだったんだけどな

衣笠さんが亡くなった。。 鉄人のイメージだったので ショックが大きい。。 ご冥福をお祈りいたします。

衣笠氏の訃報をテレビで知った親父が泣いていた事に衝撃を受けた。 星野氏の時もそうだったが、両氏と同い年世代の親父だからか、相当ショックだったんだろうな…。 あんな親父今まで見た事なかった。

●衣笠祥雄さんとは?

1965年に広島東洋カープに入団、その後 “赤ヘル打線” の中軸打者として活躍

●2215試合連続出場記録の金字塔を打ち立てました

時の背番号「28」を人気マンガ『鉄人28号』になぞらえ、「鉄人」の愛称で親しまれた。

1987年にはルー・ゲーリッグの持つ連続試合出場の世界記録2130を更新し、世界の鉄人となった。

70年10月19日から87年の引退まで2215試合連続出場、17年連続全試合出場を達成し、計5度の優勝に貢献した。

1 2 3