大丈夫…?「クールジャパン」の雲行きがなんだか怪しい

訪日外国人の観光が盛り上がりをみせるなか、そのウラでは日本の文化の海外進出が不調続きに…。日本食やコンテンツ産業など、いまクールジャパンを巡った日本文化の海外発信について注目が集まっています。

更新日: 2018年04月27日

19 お気に入り 64884 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

クールジャパンに不穏な空気が

安倍晋三首相が成長戦略のひとつに掲げ2013年からスタートした『クールジャパン』

外国人が「クール」ととらえる日本の魅力(アニメ、マンガ、食、伝統文化など)が対象。

日本へやってくる訪日外国人は増えているものの…

問題だと指摘されているのは、クールジャパンの2番目の軸である「海外展開(海外で稼ぐ)」という部分

具体的にやっていることは…

投資先はメディア・コンテンツ、インバウンド、食・サービスなど多岐

しかし、それらの多くが厳しい結果に

総額500億円を出資した24事業のうち、半数は1年以上たっても収益など当初の計画を達成できていないことが明らかになった

マレーシアの首都クアラルンプールの繁華街にある百貨店は「日本がそのまま来た」かのような店舗で、地元に溶け込めておらず来店客はまばら、17年4~6月の営業赤字は計画の3倍強に膨らんだ

海外向けにサブカルチャーコンテンツを発信する「トーキョー・オタク・モード」やアニメコンテンツなどのECサイト「アニメ・コンソーシアム・ジャパン」も当初の予想を超える赤字となっている

上手くいかなかった要因として…

クールジャパンを「戦略なき投資」と見ている。極端にいえば、相手国の事情や文化について深い考察をせずに「ジャパンってクールだろ?」と「日本の押し売り」をしている、と見ている

必要な物を必要な人のところに届けることは物を売ることの基本であり、必要な物を知るためには十分なマーケティングが重要

新しくトップに就くのは、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)顧問の北川直樹氏

前代表は、任期を終える前に交代することに。

「クールジャパンパーク大阪(仮)」が19年2月オープン! 大阪を変える新劇場の野望とは? walkerplus.com/article/144070/ pic.twitter.com/90gzvWIu2o

さらに、訪日外国人向けの「インバウンド事業」へ投資するなど、支援先を厳選する方向へ。

(これまでは)関連する業界が多岐にわたり過ぎているせいか、ファンド自体の目的が漠然とし、企業や団体が手を挙げにくく、投資が伸び悩み、運用実績が思うように上がらなかった

訪日外国人観光客を対象としたツアーの形成や、ナイトエンタテインメントの提供など多角的な視点を持って劇場運営を行う

1