1. まとめトップ

宮崎県の公務員の難易度や倍率と志望動機の考え方は?筆記のボーダーラインは何割くらいか?

宮崎県庁の公務員試験の難易度や倍率はどれくらい?面接対策での志望動機の考え方は?筆記のボーダーラインは何割くらいか?について書いてみました。

更新日: 2018年04月26日

0 お気に入り 2720 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

宮崎県庁の公務員試験の難易度は?

宮崎市の大卒程度公務員採用試験の難易度は、行政事務・法律・土木・建築・電機・機械・化学は4、保健師・看護師は3となっています。そこそこの倍率のある試験が多く、簡単な試験とはいえません。

平成26年度の宮崎市職員の採用試験の倍率は採用人数が若干名と少なく、データが見つかりませんでした。一般事務職では申込者846・受験者793・1次合格者140・2次合格者79・3次合格者42名、倍率20倍前後と高くなっています。かなり厳しい試験となっています。法律は11倍、土木4.5倍などとなっています。

宮崎市役所の採用試験の試験内容は詳細はありません。おそらく1次試験が教養試験・専門試験、2次試験で適性検査(1次試験?)論文試験(1次試験?)集団討論もしくは口述試験などがあり、3次試験で面接試験や身体検査などを課される可能性があるのではないかと見ています。試験内容は他の地域から推測しています。

公務員試験は大きく分けて3種類の試験構成になっています。教養試験や専門試験などの筆記試験はきちんとした勉強をすれば誰にでも合格の可能性があります。できれば公務員の学校などで、専門の試験対策をすることがもっともいいのかなという気がします。

宮崎県庁の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?宮崎県庁の公務員試験の難易度に関しては恐らく地方上級になると思うので、レベルは高いでしょう。筆記試験から難易度が高そうなので、宮崎県庁の公務員試験に受かるには筆記対策がまず重要になります。宮崎県庁の公務員試験で大卒程度の行政職に関しては、地方上級レベルの筆記試験の対策をどうするか?です。教養試験と専門試験、そして論文もある可能性がありますが、そういった筆記試験の対策をしていかないといけないので、宮崎県庁の公務員試験に受かるには筆記対策が本当に重要になります。しかし、宮崎県庁の公務員試験では筆記の配点がそこまで高いとは限りません。宮崎県庁の公務員試験の筆記試験は難しいとは思いますが、宮崎県庁の公務員試験の配点で高いのは面接である可能性が高いです。したがって、筆記対策もしっかりやらないといけないのが、宮崎県庁の公務員試験の面接対策も重要なので、宮崎県庁の公務員試験の面接で聞かれることについては常に考えておいて、調べておきましょう。宮崎県庁の公務員試験の面接で聞かれることとしては志望動機や自己PRがありますが、そういったことに関しては筆記対策をしているときから考えておかないといけないと思います。

宮崎県庁の公務員試験の倍率はどれくらい?

宮崎県庁の公務員試験の倍率はどうなっているのでしょうか?宮崎県庁の公務員試験の倍率に関しては、大卒程度の一般行政については4~5倍くらいでしょうか?そこまで高くはありません。年度によっては多少上下する可能性がありますけど、宮崎県庁の公務員試験の倍率としてはそういった感じになっているのではないか?と思います。宮崎県庁の公務員試験の倍率については高くはないものの、宮崎県庁の公務員試験の筆記試験の倍率はどうなっているのでしょうか?これは2~3倍くらいですから、こちらも標準という感じです。そして、面接の倍率は2倍弱くらいなので、こちらも標準です。宮崎県庁の二次試験の面接の倍率も高くはないので、人物重視とは言えないかもしれませんが、宮崎県庁の公務員試験では筆記よりも面接の配点の方が高いでしょうから、やはり配点の高い面接の対策にも時間をかけていかないといけません。全体的に宮崎県庁の公務員試験の倍率は普通といった感じなので、難易度はそこまで高いとは言えません。宮崎県庁の公務員試験の難易度については、基本的には普通くらいですが、筆記対策はそれなりにしないと一次試験には受からないでしょう。問題自体は難しいと思いますから、宮崎県庁の公務員試験の筆記の倍率が低いとしても、ボーダーラインを超えるのは簡単ではありません。しっかりと筆記対策をしないと受からないので、まずは宮崎県庁に受かるための筆記対策を頑張っていきましょう。もちろん宮崎県庁の公務員試験に受かりための面接対策も必要です。すでに話したように面接の倍率は高くはないですが、面接の配点が大きいと思われるので、どちらもバランスよくやっていった方が良いということなのです。

宮崎県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割?

宮崎県庁は倍率だけ見れば、難易度はそこまで高くないようにも思えますが、筆記試験の問題は難しいでしょうから、一次試験でいきなり不合格にならないようにしっかりと勉強をしていってください。宮崎県庁の筆記試験のボーダーは問題の難易度や倍率から察すると、予想ですが55~60%の間くらいではないでしょうか?最高でも6割を上回ることは考えづらいです。宮崎県庁を受ける方はボーダーとして、最低でも55%くらいをとれるように勉強していきましょう。

宮崎県庁では一次試験は筆記試験となっており、教養試験と専門試験が出題されます。地方上級なので、6月の下旬に試験日となっています。そのため、宮崎県庁では筆記試験の難易度は結構高いと思われるので、しっかりと勉強が必要になるのです。そして、二次試験なんですが、ここで課されるのは論文試験か、専門論文試験となっています。すごい曖昧な書き方にホームページはなっていて、どっちなんだよ?と、しかも専門論文試験ってなんだ?専門記述ということ?という疑問も生まれるわけですが、宮崎県を受ける方は、そういった部分についても事前に確認しておきましょう。

宮崎県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインについては何割くらい必要なのか?と言えば、倍率を考慮するとそこまで高くないような気がします。地方上級はそもそも問題のレベルが高いので、高得点ってなかなかとれませんから、宮崎県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインはそこまでは必要ないと思います。場合によっては5割切っても受かるのが地方上級なので、宮崎県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインについては6割はいらないのではないか?という予想になります。5割を切ったら厳しいとは思いますけど、6割は必要ないということで、5割5分以上6割未満というのが宮崎県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインとして考えられる数字でしょうか?それくらいを目標にして、地方上級の過去問を解いていきましょう。宮崎県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては正確な数字を予測することはできないので、ある程度の予想として参考にしてもらいたいですが、地方上級の問題のレベルは高いので、宮崎県庁の公務員試験の筆記の配点はそんなに高くないかもしれませんが、一次試験を通過しないと合格できませんから、宮崎県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えられるように、地方上級の筆記対策をしっかりとやっていってほしいと思うのです。

宮崎県庁の公務員試験の志望動機の考え方は?

みやざきで生まれ育ち、学ぶ中で、将来を担う次世代の育成・確保が、今後のみやざきの発展のためには重要であると強く感じるようになりました。
 県庁であれば子育て環境の整備や修学支援など、福祉・教育・人材育成といった様々な角度からみやざきの未来のために貢献できると考え、県職員を選びました。

私は県外の大学へ進学し、民間企業に勤務後17年ぶりにUターンしました。いつかは宮崎県に帰りたいという漠然とした想いは常にありましたが、仕事もやりがいのあるものでしたし、まだ当分先のことという気持ちでいました。
 しかし、東日本の震災以降、故郷宮崎のことや家族、友人たちのことを思い浮かべ、「宮崎県のために自分も何かできることはないだろうか?」と考えるようになりました。
 そんな時、たまたま参加した同窓会で、県の社会人枠採用ができたという話を聞き、これまでの自分の経験を生かして宮崎県のために働きたいと思い志望しました。

学生の頃から「人の役に立ちたい」「人を笑顔にしたい」という気持ちがあり、就職を考えたときも、社会貢献性の高い公務員がパッと思いつきました。
 なかでも、県職員なら、生まれ故郷である宮崎県全体に貢献できると思い、強く惹かれていきました。

宮崎県庁の公務員試験の志望動機の考え方はどうしたら良いのでしょうか?宮崎県庁の公務員試験の志望動機の考え方はいろいろな案があります。その中でどういった考え方が良いのか?というのはちょっと難しいのですが、例えば引用した部分にあるような実際に宮崎県庁の公務員として働いている人の意見を参考にすると良いと思います。彼らは採用されているので、面接で評価された志望動機を書いてくれているという可能性が高いので、それを参考にすると良いと思うのです。内容をそのままパクるとかではなく、方向性などを参考にすると良いと思います。ただ、宮崎県庁の公務員試験の志望動機を考えるときには、自分の願望を述べるのみに終始するのではなくて、必ず自分が宮崎県庁の公務員になることで自治体や住民に与えられるメリットのようなものも述べましょう。それは自己PRで説明する問題ですけど、宮崎県庁の公務員試験の志望動機を考えるときには、自己PRにて自分の持っている能力を説明する必要があるのです。自己PRにおいて宮崎県庁で行う仕事に関して生きる能力を説明して、そのうえでその仕事をやるために、その仕事をしたいから宮崎県庁の公務員になりたいと志望動機を話すという方法もあるわけです。宮崎県庁の公務員になりたいのはみんな同じなのですが、自分にその適性や資格があるか?どうかを話せるか?どうかで評価も変わるので、そこは知っておきましょう。宮崎県庁の公務員試験の面接対策で聞かれることは多くありますけど、志望動機に関しては特に真剣に考えていかないといけないのです。

1