1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『リメンバー・ミー』だけじゃない!「メキシコ」が舞台のおすすめ映画

メキシコが舞台の『リメンバー・ミー』が大ヒット中ながら、これまでにも同地を舞台にした名作が数多く作られてきた。低予算映画の傑作『エル・マリアッチ』をはじめ、『ノーカントリー』、『天国の口、終りの楽園。』、『トラフィック』、『荒野の七人』などおすすめ5作品。

更新日: 2018年11月12日

3 お気に入り 2231 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆メキシコが舞台の『リメンバー・ミー』が大ヒット中

出典eiga.com

監督:リー・アンクリッチ
脚本:エイドリアン・モリーナ
出演:アンソニー・ゴンザレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、アラナ・ユーバック、ベンジャミン・ブラット

4月21~22日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、累計では『リメンバー・ミー』が動員330万人、興収42億円を突破している。

舞台はメキシコの町、サンタ・セシリア。年に1度、亡くなった先祖が家族に会いにやってくる“死者の日”に、ミュージシャンの夢を家族に反対された少年ミゲルが死者の国に赴く話です。

本年度のアカデミー賞では、長編アニメ映画賞と主題歌賞をW受賞し、クオリティもお墨付きの本作は、幅広い世代の人々の琴線と涙腺を刺激し、大人も泣ける感動作として激賞の輪を広げている。

◆他にもある「メキシコ」が舞台のおすすめ映画

▼『ノーカントリー』(2007)

監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
原作:コーマック・マッカーシー
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン

第80回アカデミー賞において、作品、監督、脚色、助演男優の4部門で受賞した犯罪ドラマ。

テキサスとメキシコを舞台に、あるハンターが発見した現金とヘロインをめぐり、男たちの戦いが繰り広げられる。

独特の緊迫感と恐怖を演出し、人間と社会の本質をあぶり出すコーエン兄弟マジックが見どころ。

若いフォロワーさん多いと思うし、観たことない人多いかもだけど、「ノーカントリー」は超絶傑作スリラー映画だから、暇なとき是非観て下さい。ラブライブとは全く関係ありません。今日も何となくブルーレイで観ちゃったけど、最後にはいつも震える。 pic.twitter.com/xcwmia7RIu

『ノーカントリー』 麻薬取引に絡む大金を持ち逃げした男と彼を追う殺し屋を巡るコーエン兄弟の大傑作スリラー。強烈なインパクトを残すのはハビエル・バルデム演じるおかっぱの殺人鬼。本懐を遂げるためには誰彼問わず無慈悲に命を奪う。まるでア… twitter.com/i/web/status/9…

▼『天国の口、終りの楽園。』(2001)

監督:アルフォンソ・キュアロン
脚本:カルロス・キュアロン、アルフォンソ・キュアロン
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ、マリベル・ベルドゥ

一夏のアバンチュールを目当てに、17歳の少年2人が美しい人妻を誘って、存在するのかどうかも知らない伝説の海岸「天国の口」を目指す旅を描いたロード・ムービー。

監督は「ハリー・ポッター」第3作「アズカバンの囚人」の監督に決まったアルフォンソ・キュアロン。「リトル・プリンセス」(95)、「大いなる遺産」(97)とハリウッドで活躍した後、10年振りに故国メキシコで撮影、メキシコで大ヒット。

真夏のまばゆい太陽のもと、年上の女性との忘れがたい日々を過ごした少年2人の成長を、イキイキとつづる。

「天国の口、終りの楽園」 メキシコの風土や自然の風景を活かした映像がとてもよかった。ストーリー展開は、自由と希望に満ちた旅路だっただけに結末へと向かう過程は心苦しくなる。良質なロードムービーでもあり人間ドラマでもあった。こういった… twitter.com/i/web/status/9…

『天国の口、終りの楽園』。序盤は、こんな性的な映画がメキシコ年間最大ヒットとは…と驚いたが、何のことはない。すげぇ、傑作。あらゆる層の人間の物語、しかし彼らに共通する青き時と別れの時とが共通言語として働きかける、全ての人が観るべき一本!

▼『トラフィック』(2000)

監督:スティーブン・ソダーバーグ
脚本:スティーヴン・ギャガン
原作:サイモン・ムーア
出演:マイケル・ダグラス、ベニチオ・デル・トロ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

「エリン・ブロコビッチ」のスティーヴン・ソダーバーグ監督が、メキシコとアメリカを結ぶ麻薬ルートを巡る様々な人々をサスペンスフルに描いた群像劇。

メキシコで、組織に翻弄されながら職務をまっとうしようとする捜査官、アメリカで麻薬ぼく滅に乗り出す国家の責任者と麻薬におぼれるその娘、また夫を救うために麻薬ルートに手を染めざるをえなくなっていく妊娠中の専業主婦などなど、多彩なドラマを同時並行。

2000年度のアカデミー賞では監督、脚色、助演男優(ベネチオ・デル・トロ)、編集の4部門を制覇。

スティーブン・ソダーバーグの傑作「トラフィック」同監督オーシャンズシリーズのような痛快アクションとは180度違い麻薬とその周辺の人間模様、アメリカとメキシコの関係性などベニチオ・デル・トロを始めとする最高の俳優人と秀逸なストーリーテリングで魅せる社会派ドラマだ。#映画 #eiga

1 2