1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

怒られたくない…今の若者は「職場環境」を一番に考えるみたい

今の若者が仕事に求めるのは給料よりも「職場の環境」らしいです。

更新日: 2018年04月26日

45 お気に入り 76950 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■職場の環境

社員は職場で多くの時間を過ごします。職場の環境は、そこで働く人に大きな影響を与える

照明や騒音などの室内環境のほか、上司や同僚との人間関係なども含まれる

ストレスが少ない職場環境づくりは、従業員のメンタルヘルス不調の予防に役立つと同時に、定着率を高めるためにも重要なポイント

つらくて心がぎゅーってなったのはじめて笑生活も職場も環境の変化ありすぎてついてけない

@0202Amons 遅くなってごめんね 仕事の内容より職場の環境がいいところに勤めたいよね 就職してるとか我の数千歩先を歩いてる尊敬します✨✨ 仕事はうまくいってる?

うちの職場の新人体調不良でそのままフェードアウト多いし、すぐ体調不良で休むんだよね…職場の環境どうにかしたほうがいいよまじで

店のお局の機嫌で左右される職場環境に嫌気がさすんだがー

@Kamikaze_jk 外は涼しいですか? 私、蒸し暑いのは本当に苦手で…。じっとり肌が張り付くのが気持ち悪いんですよね…。幸いにも、紅魔館の中は比較的涼しめです。職場の環境って、本当に大事ですよね。

■そんな職場環境だが、今の若者は給料よりも職場環境を大事にするみたい

ブラック企業などのニュースに触れて、若年層を中心に『厳しい職場は嫌』、『とにかく怒られたくない』という意識が広がっている

今の働き手は給料よりも勤務地や勤務時間、人間関係といった労働環境を重視する傾向があります

応募前に下見に行き、「激務じゃないか?」とか「店長は優しそうか?」などをチェックしている

トイレが汚かった、社内の雰囲気が暗そうだったなど、些細なことで“イケてない職場”と見なされることが多い

定着率の悪い企業は効果が高いと評価して導入している一方で、「職場の作業環境を改善する」や「若者が職場で話しやすい雰囲気を作る」などには取り組んでいない

■長く続く会社を求めている

長く働ける職場は理想的です。「仕事内容」と回答した意見からは、職場選択を見誤らないようにしたいという慎重な思いが伝わってきます

第二新卒の「転職理由」について聞いたところ、「給料が低い」「仕事量が多い」を上回る結果となったのが「人間関係・社風が合わない」「ワークライフバランスが悪い」

初めて勤務した会社を辞めた理由について、女性は1位が「人間関係」、2位が「労働時間・休日・休暇の条件」、3位が「仕事が自分に合わない」

転職理由(3つまで選択可)をたずねたところ、4割以上の人が「人間関係・社風が合わない」を選択した。

大切なのが、職場の社員間のコミュニケーション。コミュニケーションがとりやすい職場であると、いろんな情報を共有しやすい

■社員が働きやすい職場とはどのような職場なのか?

1 2