1. まとめトップ
  2. 雑学

詳しく知りたい「アルコール依存症」について書いている本5選

アルコール依存症について書いているエッセイ本、漫画を5選にまとめました(アル中病棟・おサケについてのまじめな話 ・上を向いてアルコール・アル中ワンダーランド・酔うと化け物になる父がつらい)

更新日: 2018年04月27日

65 お気に入り 67708 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

03040さん

①アル中病棟

過度の飲酒でアルコール依存症となり、担ぎ込まれた、通称「アル中病棟」。酒無しで、この辛い現実に、どうやって耐えていくんだ? ギャグマンガ家ならではの客観的な視線で、入院生活を緻密に描写する。

吾妻ひでお「失踪日記」「アル中病棟」読了。絶対味わえん、味わいたくない、アル中の生々しくも笑える(笑えるように描いている)漫画。アル中なんて誰でもなるよなーって思うよ。甘えはみんな隠していてもあるもんね。それが表面化して何かに頼る度合いが強くなれば立派な依存。人は常に闘ってる。

アルコール依存症は不治の病って、吾妻ひでおのエッセイ漫画に描いてあったな…

吾妻ひでお先生の失踪日記、アル中病棟、どっちも持っているんだけど、読むとアルコール依存症の恐ろしさが良くわかる。 ちゃんと治療して欲しい。リハビリも。

②西原理恵子月乃光司のおサケについてのまじめな話

元夫のアルコール依存症に悩んだ漫画家・西原理恵子さんと、青年期に自身が若年性アルコール依存症になった経験をもつ月乃光司さんの二人が、それぞれ家族と当事者という立場から、この病気について語りあいます。

西原理恵子は依存の夫を看取り、 月乃光司は断酒中、絶賛子育て中! この二人のサバイバーの話は、何より現実的。 割に合わない病気であるアルコール依存に悩む家族にこそ読んでほしい、一冊 「おサケについてのまじめな話」 図書館、学校、病… twitter.com/i/web/status/9…

つい最近、西原理恵子のアルコール依存症の本を読んだばかりだから、他人事とは思えない。

③上を向いてアルコール

「50で人格崩壊、60で死ぬ」。医者から宣告を受けて20年―なぜ、オレだけが脱け出せたのか?「その後」に待ち受けていた世界はいかに??300万のアル中予備軍たちと、何かに依存しているすべての人へ。壮絶!なのに抱腹絶倒。

「上を向いてアルコール」著:小田嶋隆、読んだ。人気コラムニストの著者は、39歳でアルコール依存症と診断され、以来21年断酒しているという。かなり客観的にアル中時代を語っている。断酒の気分を「4LDKのマンションに住んでいるのに、2… twitter.com/i/web/status/9…

◎上を向いてアルコール/小田嶋隆(ミシマ社) こちらは掲載本です。 何かへの依存。刺さる節がありすぎて止まらず一気読みでした。 この本で依存症にならないことが一番。でも万が一自分が「アル中です」と宣告された時、本当に言うは易し… twitter.com/i/web/status/9…

小田嶋隆著『上を向いてアルコール』読み始め。 『週2日は飲まない日があったからアル中ではないと思っていた。 ただ、体調が悪い中でも飲んでるから呑まない日があるだけである。 その2日は水を飲んでも吐いてしまうから点滴を受けに行く』… twitter.com/i/web/status/9…

④アル中ワンダーランド

漫画家まんしゅうきつこは、その陰で酒浸りの日々を送り、気づけばアル中に……。可笑しくも切ないアル中の日常を漫画化!

まんしゅうさんのアル中ワンダーランドの弟の姿に胸が張り裂ける。その時の弟の深い、深い、悲しみ。本人が闇を歩くように、そばにいる人も闇に落ちる。何度読んでも号泣してしまう。

アル中ワンダーランド まんしゅうきつこ著 読んだ。 いやはや、強烈でした。 でも超おもしろい。 #アルコール依存症 pic.twitter.com/NfyLtoCZew

⑤酔うと化け物になる父がつらい

秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロスにて連載されていた本作は、作者とその家族を描いたエッセイ。

酔うと化け物になる父がつらい 読了。 電車の中で読む本じゃねえな。 しんどくて泣くわ。 「父を愛す」でも「父が嫌い」でも「父が憎い」でもなく「つらい」という言葉を選んだ菊池さんのギリギリの気持ちが「つらい」わ。 pic.twitter.com/2rj8UlZjkY

「酔うと化け物になる父がつらい…」読了。読み終わって湧き上がってきたのは、猛烈な怒り。そうだ、これは酒の上で笑える失敗なんかで許されることではなく、暴力なんだ。内容があまりにも衝撃的すぎて、読んだ後は半日仕事が手につかず現実逃避し… twitter.com/i/web/status/9…

菊池真理子先生の「酔うと化け物になる父がつらい」。家って人にとって、暖かい帰る所でもあり、同時に、逃げられない檻のようでもあるのだとぼんやり考えながら読みました。こんなのは、家族が報われなさすぎる。いろいろな理不尽の中、最後に残るのは……最後の一ページで、胸がしめつけられました。

アルコール中毒とはこういうこと。軽く見てはいけない。あと病識のない患者が一番厄介。 菊池真理子 | 酔うと化け物になる父がつらい | チャンピオンクロス chancro.jp/comics/bakemono #ChampionCross

↑ChampionCrossにて現在3話まで無料で読めます

関連まとめ

1 2