1. まとめトップ

サブスニーカーと言わずメインにしたい。ベルクロのスニーカー❺選

足元がすっきり見える着脱も楽なベルクロタイプ。持ってるとイロイロと重宝します♪

更新日: 2018年04月27日

49 お気に入り 27917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

足元がすっきり見える着脱も楽なベルクロタイプ。持ってるとイロイロと重宝します♪

jetwskyさん

日本ではマジックテープと呼ばれる、靴ヒモタイプに比べて着脱が容易なベルクロ。

Velcro(ベルクロ)はアメリカの会社の商標です。

マジックテープ(これも商標なんですが、一般名称化してますよね)と基本的にはほぼ同じです。

■『スタンスミス コンフォート(stan smith CF)』■

「履いたり脱いだりがら凄く楽」

「カジュアルからフォーマルのくずしには最適」

「軽くて履き心地良く、コーデしやすいカラーとデザインで申し分ない 男女ともにオススメ」

■『PATRICK』■

懐かしさも感じるような
潔い出で立ちのベルクロスニーカー

PATRICKはトレードマークである2本ライン、フランスのスピリットを受け継いだジャパンメイドのスニーカーとして、注目を浴び続けています。

PATRICKでは珍しいベルクロタイプのOCEAN男女問わずに人気です

形もカラーもシンプルなモデルですが、細部にこだわりを感じる作りになってます

■『CRT300』■

1979年デビューの「CT300」のアッパーに、軽量でクッション性に優れたREVLITEソールを融合したユニセックスモデル「CRT300」

レトロな空気感をまといながらも、シンプルにまとまった「CRT300」

特徴となっているベルクロはツインベルト。アディダス社のスタンスミスのベルクロもコンバースワンスターのベルクロもトリプルベルトでしたが、ツインベルトの方が御覧頂いたいる通りスッキリした印象です。

■『ONE STAR』■

1968年にリリースされた名器で、当時から現在まで世界中の多くのファンを抱える永久定番ONE STAR(ワンスター)。

1968年にリリースされたワンスターは、当時から現在まで世界中の多くのファンを抱える永久定番として、爆発的な人気を誇りました
当時の最高機種というところもあり、素材調達の厳しさや製造における高い水準での製造安定性が問題となり、人気はあったのに一瞬にして姿を消してましまいました。

しかし!
その製造の難しいレザーバスケットボールシューズの製造を再び可能にしたのが「MADE IN JAPAN」だったのです!

「70年代の幻」とも称されたレザーバスケットボールシューズは、復活を遂げた今も、最高機種に相応しい存在感で輝き続けています。

1 2