1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

美人編集者・金城小百合さんが担当したオススメ漫画まとめ

「セブンルール」に出演し、話題となった金城小百合(きんさゆ)さんが担当している漫画をまとめました。(キャッチャー・イン・ザ・ライム、あげくの果てのカノン、プリンセスメゾン、もしもし、てるみです。、COCOON、アイアムアヒーロー)

更新日: 2018年06月21日

5 お気に入り 1867 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『キャッチャー・イン・ザ・ライム』 背川昇

ネガティブでひっこみ思案、思ったことが口に出せない主人公・高辻皐月はなんとなく噛み合わない毎日を過ごしてきた。しかしラップと出会ったことで、高校生活が少しずつ輝き出す。

キャッチャー・イン・ザ・ライムの1巻読了。軽い作品かと思いきや、要所要所で心の暗い部分にスポットを当ててて、けっこうずっしりとした読み応え。あと、チャプタータイトルが韻を踏んでてすごい。

キャッチャー・イン・ザ・ライム ①読了、とても良いラップ漫画でした。和やかな反面それぞれのキャラクターが持っているコンプレックスなどが、まだ少しずつではあるけどとても丁寧に描かれていて今後が気になります。皆ラップに出会えて良かったと思って欲しい!!!!!がんばれ!!、、!

今日初めて気がついたんだけど、「プリンセスメゾン」と「キャッチャー・イン・ザ・ライム」って同じ編集の方だったんだ。どっちも大好きなんでびっくした。わかる、この通底する何か。わかる。

◎『あげくの果てのカノン』 米代恭

高月かのん、23歳。高校時代からストーカー的に想いを寄せる境先輩と、アルバイト先の喫茶店で再会を果たす。でも、いけない。先輩は世界の英雄で、そして他の人のモノだから。

「あげくの果てのカノン」ほんと面白いからみんな読んで…境先輩が魅力的すぎてスゴイ…危うい感じがね…いいよね…先輩わたしはその目も好きです…かのんのストーカー的恋愛に共感できる所もあって時々ツライけど…笑 世界観も私は大好きです…一話だけでもいいから読んで… #果てカノ

あげくの果てのカノン、一巻が面白かったから四巻まで買ってきたんだけど、二巻でもグイグイえぐってくるから読んでは空を仰ぎ、読んでは空を仰ぎ、読んでは空を仰ぎ、と繰り返して進まない〜〜ブェェェェ面白い〜〜〜〜〜〜!!!!!

「あげくの果てのカノン」の作者米代さんとその担当編集の金城さんの関係がちょっとした百合っぽくてすごくイイ

◎『プリンセスメゾン』 池辺葵

2015年、日本。女性がひとちで家を買うことは、無謀なのか、堅実なのか。年収200万ちょっとの独身女性・沼越さんが、オリンピックを控えた東京で、理想の家を求めて歩く。

『プリンセスメゾン(1)』読んだ。「衣食住」の「衣」の漫画を描いてた池辺葵の次の作品は「住」。最近は日常を切り取った庶民的な「食」漫画が流行ってるけど、この作品もテーマは同じ。いかに日常生活を快適に心地よく過ごせるか、そのアプローチとして「住」を描く。池辺先生らしいアプローチ。

「プリンセスメゾン」という漫画がずっと気になっててとうとう読んでみたら、登場人物みんな独り身だけど逞しく生きていて、何故か共感してしまって涙が出そうになった。

プリンセスメゾンとあげくの果てのカノンの編集が同じと知って、なんと!ってなった。 テーマとか作風全然違うけど、どっちも好きだから、なんかこう、通じるものがあるんだろうかね…?

◎『もしもし、てるみです。』 水沢悦子

こんなにも“悪”にまみれた現代社会において、アンチネットのポリシーを貫く携帯電話会社「もしもし堂」。その支店に勤めるてるみさんに一方的な恋心を抱く中学生・鈴太郎の日常コメディー。

もしもしてるみです ツイッターのタイムラインでしか登場してない新キャラのパク田コピえもん先生が良いキャラ過ぎる。「先生はどうして女の子にしか返信しないんですか?」というぶっちゃけた質問に対して「逆に君達はどうして面白い漫画の単行本しか買わないの?」という返し #スピリッツ

もしもし、てるみですが面白い。てるみさん可愛い。

もしもしてるみです終盤の、一人一人に焦点を当てて救いを与えるような流れ、今思い出すと泣きそう

◎『COCOON』 今日マチ子

シマいちばんの女学校に通うサンらは、クラスメイトとともに学徒隊として戦地に赴く。戦況の悪化とともに、ひとり、またひとりと仲間を喪っていく中、世界の凄惨さと自己の少女性との狭間でサンは。

今日マチ子の『cocoon』読んだ。ひめゆりの塔で伺った実体験のお話が、繊細に再現されたような漫画で凄くグサグサきた。面白いというより本当グサグサきてどうしたら良いのか分からなくなった。けれども、大切にしたい本になった。

今日マチ子cocoonが文化庁メディア祭のマンガ部門で、審査委員会推薦作品に選ばれました。ひとまず安心しました。読んで、なにかを思って、感想くださって・・・読者のみなさまの応援があったからこそです。ありがとうございます。今日さん、おめでとうございます! #cocooninfo

編集者の金城小百合さん、沖縄かなと気になってググったら、『cocoon』/今日マチ子 の編集者だ。ああ。あと、『プリンセスメゾン』/池辺葵 とか。

1 2