1. まとめトップ

あの「ファンタシースターⅡ」がフリゲになって帰ってきた!キャラもストーリーもオリジナルの新作品!

メガドライブの人気作品だった、SFファンタジーRPG「ファンタシースター2」。本作は、PC用フリーゲームRPGとして、そのストーリーの後を継ぎました。舞台は、原作の結末から100年後の世界。同じ星、同じ町からのスタートですが、人も話も様変わりしています。今度はどんな展開なのか?胸が高鳴るばかりです。

更新日: 2018年12月09日

2 お気に入り 9309 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

遊ぶゲームはフリゲのみ、という筆者がお勧めする「ファンタシースター2」のフリーゲーム。原作のシステムや世界観はそのままに、全く新しいストーリーを楽しめる、ファン感激の作品です。

km0909さん

かつてメガドライブに人気のRPGがあったことを覚えているだろうか?敵も味方も派手に動き回る戦闘シーンは、当時としては驚かされたものである。

1989年3月21日発売
メガドライブ用ソフト
発売元:セガ

2005年3月24日発売
PlayStation2用ソフト
発売元:セガ

後にプレイステーション2などにもリメイクされるなど、ファンによる根強い人気のあった作品。しかし、フリーゲーム化されることは長らくなかった。が、2018年についに熱狂的なファンによる開発が始まったのだ!

本作の概要

タイトルは「Phantasy Stars After Storys(ファンタシースターズ・アフターストーリーズ)」。RPGツクール2003製のフリーゲームRPG。原作のシステムや世界観をほぼ踏襲しているが、戦闘シーンはツクール2003仕様のサイドビューを採用。また、メインキャラクターや重要キャラクターは、作者によるオリジナルデザインとなっている。ストーリーもオリジナルで、原作から100年後の設定となっている。著作者は、藤色*ゆなり氏。

※現在は開発中のため、中盤までを収録した体験版がダウンロードできます。最新Verは2.0。
 SAMPLE1.01からのセーブデータの引継ぎは出来ません。ニューゲームからスタートして下さい。

※本作は、二次創作の同人ゲーム作品です。
 This is free role-playing video game of Phantasy StarⅡ.

ゲーム紹介

原作を知っているなら、このデザインに記憶があるはず。タイトル名は、本作通りに表示。選択画面はツクール仕様。体験版のため、下部にサンプルの表記がある。

原作のあらすじから今作へと移り変わる模様が字幕で流れる。

主人公のライルが、新米エージェントとして総督から任務を与えられる。ユーシスなどのワードが、時代の移り変わりを感じさせる。

旅立ちに備えて自宅で準備をしていると、ライルの戦いの教官で恩師でもあるリーザが訪ねてきた。初めての任務なので、しばらくは旅に同行してくれるということだ。さぁ、いよいよ外の世界へと旅立ちの時だ。

首都パセオの街並みだが、近未来的な建造物が並ぶ、原作そのままのデザイン。また、色々な種族が町民であることも、ファンタシースターシリーズの特徴だ。

ストーリーの進行に応じて、街の人のセリフが変わることもあるので、同じ人ともまた話してみよう。

次に何をすべきか確認したいときは、自宅に戻ろう。また、プレイヤーキャラの生年月日や得意武器などの情報も確認できる。仲間が増えれば、情報も増えていく。

友人の部屋は、物語がある程度進んでから行くと、アイテムをもらえることがある。たまに寄ってみよう。

ライブラリは、世界の歴史や地理・用語などを解説してくれる。

また、重要なイベントがあるときは、自動的に総督の部屋へ呼ばれることがある。

その他、ゲームが進むと項目が増えるので確認しておこう。

旅に必要な基本の道具を販売している。アイテム名はおなじみ。一つとしておろそかにしたくない、重要なものばかり。特にダンジョン探索をするときは、各オカリナを一つずつは持っておこう。

初期装備もあるが、お金がたまったら少しずつ買っていこう。キャラクターによって、装備できるものは異なる。

片手武器なら、両手に持つことが可能。攻撃重視なら二刀流にするのが良いだろう。ただし、盾が持てなくなるので、防御が甘くなる。残りHPには十分注意しよう。

防具は、腕・体・頭・足と4種類ある。これもお金をためて揃えていこう。防具は性別用にも分かれていて、たとえば盾なら男性用はシールド、女性用はエーメルとなっている。

また、盾も両手に2つ持つことが出来るが、この場合は武器が無くなるため、通常攻撃は出来ない。その分防御力は上がるので、テクニック中心に戦うときや、弱いキャラを安全に育てたいときに活用しよう。

HP・TPの全快と、毒の治療をしてくれる。治療費は、街によって異なる。毒が1人だけの場合は、アイテムの方が安上がりになることもある。また、毒にかかっていなくても、頼んでしまうと治療費はかかってしまうので注意。

蘇生は出来ないので、戦闘不能者が出た場合は、クローンラボへ行こう。

戦闘不能から再生してくれる研究所。料金は割高だが、一回分で何人でも蘇生してくれる。また、全員のHP・TPも同時に全快する。病院代わりにも使えるが、蘇生が不要なら病院の方が安上がりだろう。

一度訪問した街へ、有料で転送してくれる。

旅のオカリナやリューカーのテクニックは、首都パセオへの移動なので、それ以外の街へ楽に行くならテレポート・サービスを活用しよう。

セーブが出来る唯一の場所。序盤ではパセオにしか存在しないため、まめに戻ってくる必要がある。セーブは15ヶ所可能。

街を一通り見て回ったら、外に出てみよう。

原作そのままの雰囲気。フィールドでは敵が出現するが、島をつなぐ通路では出現しない。草原と砂地以外は障害物となっているので、位置的に近くにありそうな町でも遠回りになっていることがある。

構造は単純ながら、敵のエンカウント率が高いため、道中は長く感じる。また、奥に進むと敵も強力なものが出現する。中ではセーブできないため、無理な探索は禁物だ。アイテムを取ったら、面倒でも一度帰るくらいの気構えを持とう。

未来の世界らしく、階段の代わりにリフターになっている。Uは上昇、Dは下降だ。宝箱には鍵付きのものもあり、泥棒の特技を持ったキャラを連れていると、開けることが出来るようだ。

本作ではサイドビューシステムを採用した。敵は動かないが、サイドビューらしく味方のアクションはバラエティ豊富だ。アクティブタイム制なので、素早いキャラから行動が回ってくる。全滅はゲームオーバーなので注意。たまに先制攻撃のチャンスがあるが、不意打ちされることはない。

隊列もあり、初期は全員前衛になっている。後衛にするには、コマンド「逃げる」の下の空白を選ぶ。テクニックメインや遠距離武器を使うなら後衛の方が得。ただし、最低一人は前衛に立つ必要がある。なお、前後衛の切り替えは戦闘中のみ可。また、切り替えには行動を一回分消費する。

イベントシーンでは、特別な絵が挿入され、一層雰囲気を盛り上げてくれる。少しアニメーションすることもある。

紹介動画

ダウンロード

●体験版ダウンロード・掲示板
https://cgp.space/test/read.cgi/saisaq/1524729931/
※現在は体験版となっており、中盤までプレイできます。最新バージョンはSAMPLE2.0です。
 SAMPLE1.01からのセーブデータの引継ぎは出来ません。ニューゲームからスタートして下さい。
 約30年前のレトロゲームを忠実に再現しているので、ある程度の不便さ・面倒さがあります。

●RPGツクール2003RTPも必要です。お持ちでない方は下記URLからどうぞ。
https://tkool.jp/support/download/rpg2003/rtp

●著作:藤色*ゆなり
https://twitter.com/2crqkULJH27EhEZ

9月20日、バージョン2.0公開!2ページ目からは攻略情報です。

1 2 3 4 5