1. まとめトップ

今。流行の電子タバコ!ネットで挙がっている考察まとめ

電子たばこ(でんしたばこ、英語: Electronic cigarette, e-cigarette, e-cig)とは、乾燥葉や、液体を電熱線の発熱によりエアロゾル(霧状)化する装置である

更新日: 2018年04月28日

1 お気に入り 489 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

英語圏では、装置はヴェポライザー(英語版)とも呼ばれ、電子たばこによる吸入を俗にVape(発音:veip:ヴェイプ)と呼ぶ。専門用語では電子ニコチン送達システム

InnocentBlueさん

・電子タバコまとめ

電子タバコは登場して間もないため、断続的な研究結果しかわかっていないのが現状です。イギリスでは電子タバコはタバコよりも有害性が約95%低いことを証明する研究結果も発表されていますが、今のところ、電子タバコの長期的使用が身体にどのような影響を及ぼすのか、ということについては、新たな研究結果を待つほかないとのことです。

EMILI (エミリ)】スターターキットは、手軽に電子タバコを楽しむにはとても良いです。

味が薄い部分は、濃い目のリキッドと溜め吸いでカバ―するとして、メリットはなんといってもこの携帯性でしょう。

普通の巻タバコとほぼ同じ大きさなので、出先で吸うのに水蒸気の量も目立たずちょうど良いと思いました。

近よく耳にするのが「VAPE(ベイプ)」という言葉。どうやら電子タバコのことのようで、「VAPE」に切り替えると事実上禁煙が達成できるというが、一体「加熱式タバコ」とどこがどう違うのだろうか

フィリップモリス・ジャパンの加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」ブームに火がついて、もうすぐ2年。同時期に登場したJT「Ploom TECH(プルーム・テック)」と、2016年末の宮城県仙台市限定発売を経て、昨年秋に全国発売にこぎつけたBAT「glo(グロー)」がラインアップ

「ベイパー(Vapor)でたばこの味・香りを楽しむ、全く新しいたばこのスタイル」としてJTより発売されたタバコの葉を使用する電子タバコ。タバコの葉が入った「たばこポッド」を電気で加熱し蒸気を発生させる仕組みで、「たばこポッド」はパイプたばことして認可されており日本国内で数少ないニコチン入りが認められた電子タバコ

タバコ葉(タバコ葉入りのカプセルも同様)を加熱するタイプは「JT」「フィリップモリス」「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ」以外の製品はほぼなく、バリエーションは非常に少なめ。しかしタバコを吸った感覚に最も近いため、ニコチンの強いタバコを吸っている方でも移行しやすくなっています

1