1. まとめトップ
  2. おもしろ

こう思いながら生きてる…みんなの『自分を見つめた言葉』が刺さって来る

Twitterで見かけた「自分を見つめた言葉」「自分自身を振り返って思う事」などにまつわる呟きをまとめました。思わず共感しそうになるものやドキッとさせられるものなど、胸に刺さって来る言葉が沢山ありました。

更新日: 2018年04月30日

133 お気に入り 83041 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ツイッターユーザーたちが呟いた体験談・エピソードや考え方などのまとめです。

futoshi111さん

◆毎日こう思いながら生きてる

最近毎日「すまんな、明日のわたし…お前にしてやれることは、せめて麦茶を作っておくことぐらいだ…」って思いながらギリギリ生きてる

そうか、今日1日頑張ってボロボロの自分に鞭を打ってるのではなく、明日の自分に飴をあげてるのか…なるほど、それならできるような気がする twitter.com/pippimoemoe/st…

@pippimoemoe すまんな、明日の私…お前に麦茶を作ってやることもできん…洗濯と皿洗いと風呂掃除任せたで!今日の私が生きられなかった明日を生きるんやで!(爆死)

◆あなたもこんなタイプですか?

あ、あなたも5人~10人くらいの大人数でどこかに向かって歩いてると「横に広がりすぎて通行の妨げになっていないか妙に気になる」「2,3人の会話グループが自然形成されていく中で、自分はなんとなくひとりになってしまう、もしくはひとりになっている人が妙に気になる」タイプですか?私もです。

◆自虐を控えるようになった人

自分が自虐を控えるようになったのは「それが似た境遇の人への遠まわしな攻撃になりかねない」と思ったからかなぁ。コンプレックスを一切肯定出来なかったり、自己評価は今でも地を這ってる状態にはあるけど、口に出すのは極力やめるようにした。たまに漏れてる気もするけど、なるべく。

◆「あの人よりはマシかなあ」

お恥ずかしい話ですが、仕事中お客さんをみながら「あの人よりはマシかなあ」とおもって自分を保ってたころがあったんです。これすごい麻薬で、すぐ幸せな気分になれるけど、知らない間に「誰かと比べないと自分は幸せだとおもえない中毒」になってゆくんです。わたしもかなり重度の中毒までいきました

まだまだ後遺症が顔をだすこともあるけれど、ひとの幸せもわたしの幸せもどちらも大事にできるようになってきました。「ひとと比べない」と決めるのはおおくのひとと接する以上やはり難しい。それなら逆に「わたしもあなたも大事」とまとめちゃうのがわたしには簡単でした

◆47年生きてきて 僕なりにわかってる事

47年生きてきて 僕なりにわかってる事が ひとつだけあります 不幸を憂いて不幸な人を演じると もっと不幸になります 辛くても元気なふりをしていると いつの間にか雲は晴れます pic.twitter.com/mg9R7owOQK

@dance_w_skelton @gahaku34 初めまして。ばばも61年かけて悟った事を、お若い方がおっしゃるとは。頑張ろうね。

◆所帯を持つ友人が増え、感じる事

所帯を持つ友人が増えて、学生の頃とは違い、気軽に遊べなくなって、話すらも出来なくなって、疎遠になっていく。この感覚、昔も味わったことあるなと思っていたけれども、アレだ、「2人組作って~」で取り残されている感覚に近い。周りはどんどん組めているのに、自分だけ相手が見つからないままで。

◆自分もそうだった

自分もそうだったが、相手の態度に対して「私が何かしたからか?」という思考になると、被害者ポジションに陥りやすいように思う。 相手に対して必要以上に気を使って、その見返りがないからと勝手に怒ってしまったりする。

相手に対して自分が何かしてしまったのかも?という気持ちで気を使うのも、「挨拶をしなくてはならない」で苦手ながらも懸命に挨拶をするのも、行動の起点が「自分」にないのだよな。 「相手がこうだから自分が行動する」「こうするのが正しいから自分が行動する」

自分の行動が外からもたらされてる、と思いこんでいて、他者もそのはずだと思っていると、自分の行動によって他者がどう動くか?までが織り込まれていて、その通りにならないと他者に不満を覚えるのだな。

◆理不尽な扱いを受け、怒った後で

1 2 3