1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

『天才!志村どうぶつ園』は、日本テレビ系列で、
毎週土曜日に放送されている動物バラエティ番組。
志村けんが司会を務める、動物を取り扱う
教養バラエティでレギュラー出演者が
様々な動物の飼育に挑戦するコーナーが目玉。

志村どうぶつ園 2016年2月にも小さい豆柴(手乗り豆柴)を紹介して炎上

手乗り豆柴とかそういう子たち見ると、かわいいとかじゃなくて悲しくなります

手乗り豆柴とか… 可愛いけど可哀想無理やり小さく品種改良してるじゃんね、そういうので犬を衝動買いされたらたまったもんじゃないよね

品種改良について

人気犬種ナンバーワンといえば、
ご存知「プードル」。
茶色い被毛に、口回りにあるくるんとした毛が、
まるでテディベアのようですね。
人形のようにかわいい容姿が、
老若男女問わず人気です。

引用元:http://ur0.pw/rUzs

プードルは、もともとスタンダードプードルが
原型の犬種です。
撃ち取った鳥などを取りに行く回収犬として、
はるか昔は人間と共生していたのです。
ミニチュアプードルが生まれたのが16世紀。
フランスがプードルフィーバーで
盛り上がっている頃です。
その後しばらく、小さなプードルと言えば、
ミニチュアプードルの時代が続きましたが、
さらに小さなプードルを生み出す動きが
活発化していきます。
そして18世紀、
ついにトイプードルが誕生しました。

引用元:http://ur0.pw/rUzs

小型化された犬種は
プードルだけでありません。
ミニチュアダックスフントもそうですし、
豆しばもそう。
都会で暮らす日本人に、
特に強い支持を受けた結果
生み出されているものもあると言います。

一つ理解しておきたいことは、
小型化の犬はもともとの姿ではないと言うこと。
関節などが、スタンダードのものより
弱くなっていることが多いのです。

「豆柴」という犬種は存在しない。柴犬専門ブリーダーがコメント

巷で人気のある「豆柴」ですが、
この犬種は本当に存在するのでしょうか?
まず、結論から言うと、「豆柴」という種は存在しません。
日本最大規模の犬種登録団体「JKC」と
「日本犬保存会」の両者とも、
正式な種として一切認めていません。

最近の流行では、主に小型犬に人気が集まり、
小型であるというだけで高値で取引されている背景があります。
そのため、柴犬の正式なスタンダードよりも
小さい種が作られ、それが豆柴という名前で広がっているのです。

この豆柴が生まれたプロセスにしても、
怪しい部分が多いのです。
一部では、食餌制限で育てたためだとか、
近親交配で生まれた子だとか、
はたまた未熟児として生まれた子だという話もあります
(JKC・日本犬保存会ではともに柴犬の中でも
小型のもの同士を交配させて作ったのではないか、とのこと。
詳細は分かっていない)

2017年3月にも豆柴500匹と暮らす男性を放送して炎上

▼500匹になった理由、当時のブリーダーさんの情報

500匹になった理由は元々父親が飼っていて徐々に増えていった

喧嘩をしないように、性格をみてグループ分けもしている

豆柴のために1000坪の土地を購入してドッグランに

責任を持ってくれる方には譲っているが400匹以上は飼い犬達

7つのドッグラン、清潔な環境で育てている

1 2