1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

薬丸岳から東野圭吾まで!5月公開の小説原作「実写化映画」

2018年5月公開の小説原作による「実写化映画」も期待作多数。櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰『ラプラスの魔女』(東野圭吾)、役所広司×松坂桃李『孤狼の血』(柚月裕子)、阿部寛×寺島しのぶ『のみとり侍』(小松重男)、瑛太×生田斗真『友罪』(薬丸岳)。

更新日: 2018年07月17日

12 お気に入り 31653 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ラプラスの魔女』(5月4日公開)

東野圭吾のベストセラー小説を三池崇史監督のメガホンで実写映画化し、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰が初共演を果たしたサスペンスミステリー。

連続して起きた奇妙な死亡事件をきっかけに、その調査を進める大学教授らが事件の真相をあぶり出す。

脚本を、テレビドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの八津弘幸が担当している。

ラプラスの魔女試写会終わったー(σ*´∀`) 久々あんなに原作に忠実な作品みた気がするよ(笑)とてもよいΣd(゚∀゚) みんなとりあえず公開日にみて櫻井翔に驚いちゃダメだよ!!肩パッドのせい(?)でチャーミングななで肩が無くても驚いちゃダメだぞ!! #ラプラスの魔女

日比谷にて『ラプラスの魔女』試写。 この映画、なんでこんなにエキストラがうつってるの…と思っていたら、それこそがこの作品の大事な構成要素であり、テーマの一つでもあった。 真面目な方の三池崇史監督作品だけど、ところどころ遊んでるあたりはさすがでした。

◆『孤狼の血』(5月12日公開)

『凶悪』などの白石和彌監督がメガホンを取り、柚月裕子の小説を映画化。

暴力団対策法施行以前の広島県を舞台に、すさまじい抗争を起こしている暴力団と彼らを追う刑事たちのバトルを活写する。

出演者には、「三度目の殺人」の役所広司、「不能犯」の松坂桃李、「天空の蜂」の江口洋介、「海よりもまだ深く」の真木よう子ら豪華キャストが顔を揃えている。

映画「孤狼の血」を試写にて。東映やくざ映画への愛あるオマージュに終始にんまり。テンポ良く転がるストーリー、次々に回収していく伏線、強烈なキャラクター造形など、教科書のようなシナリオに溜息。きっと原作も面白いんだろうな。本屋大賞も受賞していた柚月裕子さんの著書、近々読んでみたい。

試写で見て感心したのは、白石和彌の『孤狼の血』は小説とは別のステージで成立しているところ。むろん柚月裕子の原作とのシンクロ度は高いけど、双方は似て非なるもの。原作を咀嚼し、再構築してみせた映画の成果は、脚本に負うところが大きいので… twitter.com/i/web/status/9…

◆『のみとり侍』(5月18日公開)

「後妻業の女」などの鶴橋康夫監督が、「テルマエ・ロマエ」の阿部寛とタッグを組んだ時代劇コメディ。小松重男の短編小説集「蚤とり侍」の人気エピソードをもとに再構築。

越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部寛)は藩主の気分を害してしまい、表向きは猫ののみとりを商売にしつつ、実態は床で女性の相手をする裏稼業「のみとり」を命じられる。

エリート藩士から「のみとり」になってしまう主人公に阿部寛がふんするほか、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、落語家の桂文枝らが出演。

映画「 #のみとり侍」をみた #加藤明子 アナ 、これまでにない世界観を堪能したそうで!5月18日公開が待ちきれない皆さん、主演の #阿部寛 さんが #アタック25 に出演されますよ!予選を勝ち抜いた最強弁護士がまず阿部さんのオ… twitter.com/i/web/status/9…

昨日は優梨ちゃんと 映画『蚤とり侍』の試写会へ R15なんだけど、エロさがグロくなくて、カッコ良く綺麗で兎に角面白かったー✨ 5.18から公開です。 皆様も是非、劇場へ☻ #のみとり侍 #蚤とり侍 pic.twitter.com/MP1iLpUmEr

◆『友罪』(5月25日公開)

実在の事件に着想を得た薬丸岳による同名小説を原作に「64 ロクヨン」の瀬々敬久監督が映画化。

1 2