米紙・ワシントンポストなどの報道によると、金委員長が2014年、高官らを対して行った大規模な粛清では、人民保安部の呉祥韓(オ・サンホン、英名O Sang Hon)元副部長に対して、火炎放射器を使った処刑が行われた。

出典金正恩氏の残虐な処刑法を米メディア公開 赤ちゃんを犬のエサに - ライブドアニュース

派手なのが多いですね。国による処刑方法はルールが定まっていないようですね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】世界各国死刑方法を紹介!!そして怖すぎる!!反動で、死刑廃止になったのか!?

世界はとても広いです。当然死刑も国によってまちまちで、それを調べるととても興味深いです。ですから、それらを紹介していこうと思います。ただし心臓の弱い人は注意してください。

このまとめを見る