1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

なんと鼻ぺチャ犬の50%は呼吸困難の危険を抱えているそうです。あなたの犬は大丈夫ですか。

mura49さん

ファンの多い鼻ぺチャ犬だが、人間の都合で作られた犬種

短頭種は人間の品種改良により作られていった犬たちで、 原種に近い姿を保っている日本犬等とは対の位置にいると言っても過言ではないでしょう。 例えばいかつい顔で有名なブルドッグは元々ブル(牛)と闘うために作られた犬種です。 牛と闘うためには牛の足に噛みつきやすい口が必要なため強靭なあごと、口を閉じたままでも呼吸がしやすいように上向きな鼻にしたところ、あのような顔つきとなりました。

その鼻ゆえに50%の確率で呼吸問題が

CRUFFA(フラットフェース動物の責任ある使用のためのキャンペーン)の創設者、Jemima Harrisonさんによると、ケンネルクラブに登録されている5頭に1頭がパグ、フレンチまたはブルドッグだが。これらの犬のうちのいくつかは良好な生活を送っているが、約50%が重要な呼吸問題を抱えているという。

ブルドッグ(Bulldog)は、18世紀ごろの英国で雄牛(ブル)と犬を戦わせる牛いじめ(bullbaiting)という見世物が流行し、牛に対抗できる犬として開発された犬の品種の一つ(ウィキペディア)

犬がいびきをかいていたら要注意!

いびきは、呼吸の問題の明確な兆候であり、あなたの犬は、実際には頭を上げて気道を開こうとしている可能性があります。その場合あなたの犬は "狭窄鼻孔"または "ピンチ鼻孔"と呼ばれる鼻かも知れません。この状態は、頭痛の多い品種(フレンチブルドッグ、イングリッシュブルドッグ、パグ、ボストンテリア)および皮膚の過剰な犬(シャーペイ、マスチフ)で非常に一般的です。

狭窄鼻孔って?

鼻腔狭窄症(びくうきょうさくしょう)は、犬の中でもフレンチブルドッグのように鼻がつぶれた短頭種に多い病気です。フレンチブルドッグの「鼻の穴」を、もう一度よく見てみてください。他の犬種と比べて、穴が非常に狭いことがわかると思います。このつぶれた鼻もフレンチブルドッグのかわいさのひとつですが、本人たちにとっては苦しい状況を作り出しているのです。だって、空気を吸う隙間が小さいわけですから。

鼻の穴が完全に潰れていますね。

これでしっかり呼吸ができますね。

BOAS(短頭症候群)になってしまうと

短頭症候群は、重度の呼吸困難につながる短い鼻の犬および猫に影響を与える病理学的状態です。十分な息を吸うことができない可能性があります。これは苦痛をもたらし、さらに呼吸数と心拍数を増加させ、急速に生命を脅かす状況につながる悪循環を作ります。

研究者は、鼻づらの長さが短くなるにつれて、BOASのリスクが高くなり、犬の90%以上が最短期間で影響を受けることを発見した。この生活の質を制限する障害は、頭蓋骨の天井部分の長さの半分未満の鼻づらを有する犬にのみ見られた。肥満および厚い首もBOASリスクを増加させた。

鼻づらの長い犬

こういう犬はBOASにかかりにくいのです。

飼い主が知っておくべきこと

犬の所有者と子犬を購入または飼育する人は、犬を外見に基づいて選択することによる健康への影響を認識する必要があります。
高リスクの品種の犬を購入する際に取るべき実際的な手順には、より長い口ひげとスリムな首を持つ両親から子犬を選択し、彼らの犬が健康な体重に留まるようにすることが含まれます。外見が魅力的だからという理由よりBOASのリスクに耳を傾けてください。

ここに注意してください

1.よく息切れする、またそれが続く。

2.息切れで歩いたり走ったりが困難。

3.起きているときでも鼻からいびきのような音がする。

4.呼吸困難や無理した呼吸。

5.鼻の穴が狭い。

多くの人はこの犬たちが呼吸困難に苦しんでいるのを知らない

1