1. まとめトップ

※随時更新中【WEBマーケッター必見!】タグマネジメントツールについてまとめてみた

Webサイトへ埋め込む必要のある「アクセス解析ツールなどが生成するHTMLタグ」を「管理(マネジメント)する」ことをタグマネジメントと呼び、そのための機能を持ったツールをタグマネジメントツールと呼びます。今回はタグマネジメントツールについてまとめてみました。

更新日: 2018年12月26日

2 お気に入り 2591 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

WEBマスターならぜひ活用したいツールタグマネージャの基本をできるだけ簡単に紹介してみたいと思います!タグマネージャを利用することで、サイト解析、リマーケティングをはじめ、さまざまな用途のタグの追加/更新を、マーケティング担当者だけで簡単に行うことができます。

harunikuさん

タグとは

■マーケティング用語で使用されている「タグ」とは大きく分けて3種類あります。
1.htmlタグ
どのようなページなのかという情報や、ページ上のテキスト、画像、リンクなどを表示する際に必要なものです。
2.コンバージョンタグ
購入数、申込数、資料請求数などのコンバージョンを測定するためのタグです。
3.ツール用制御タグ
Google Analytics、ヒートマップ、ABテストツールなどを使用するために埋め込むタグです。

\マーケティング用語辞典/ タグとは - Webマーケティング用語|ferret [フェレット] ferret-plus.com/5452 @ferretplusさんから

これは重要。/ よく耳にする「タグ」の意味を理解してますか? Googleアナリティクスを使うなら最低限知っておきたい「タグ」の知識 (1/2):MarkeZine(マーケジン) markezine.jp/article/detail… @markezine_jpさんから

いまだにHTML要素の事をタグと言う文書が生き残ってるんだな。 >タグとは何か同僚に説明できますか?タグに関する基礎知識 (2/5):MarkeZine(マーケジン) markezine.jp/article/detail… @markezine_jpさんから

タグマネジメントツールとは

「タグ設置」にかかるコスト・工数を軽減し、Webマーケティングにおけるスピードを向上させるために開発されたのが「タグマネジメントツール」です。

例えるなら1つの箱の中にすべての物(タグ)を集約した入れ物で一元管理できると思っていただければイメージ付くかと思います。一括で管理しやすくするのがタグマネジメントツールの特徴です。

タグマネジメントツールの代表格として「Googleタグマネージャ」と「Yahooタグマネージャー」とある

①Googleタグマネージャ

メリット
・初期費用無料
・公開前にタグの動作確認テストできる
・拡張性が高く、カスタマイズしやすい
・Googleアナリティクスの応用機能の設定もできる
デメリット
・タグの種類が豊富ではない
・1個単位でタグを管理することができない
・サポート対応がヘルプページのみとなっている

この動画は非常に丁寧な解説動画で初心者でもわかりやすい内容となっている。タグの使い方や検証方法なども解説しているので参考になります。

②Yahooタグマネージャー

メリット
・1個単位でタグを管理することができる
・タグの種類(タグカタログ)が豊富である
・電話からお問い合わせできる窓口がある
・有料ではあるが技術サポートも受けられる
・公開前にタグの動作確認テストができる
デメリット
・初期費用が発生する(最低金額3000円入金する必要性がある)
・タグをタグカタログで作成するとたまに予期せぬエラーが発生する
・現段階でITP対策に対応していない

声が少々小さくて聞こえづらいがこちらの動画に関しても初心者にでもわかりやすい解説動画となっている。

実際にタグマネジメントツールを使用するには共通タグ(ユニバーサルを)と呼ばれるタグをHTMLソース内の決められた箇所に埋め込む必要性がある。

HTMLソース内の決められた箇所に共通タグ(ユニバーサルタグ)を埋め込む必要性があります。※GoogleタグマネージャとYahooタグマネージャーでは共通タグを埋め込む方法と箇所が違うので注意が必要です。

1 2