これやってたー。。主婦がやりがちな「NG掃除法」

フローリング、いきなり掃除機をかけてませんか?実は最初に掃除機をかけてしまうと、掃除機から出る風でホコリを舞い上げてしまうことに…。その他にも羽毛布団や換気口、サッシなどの気を付けておきたい「NG掃除法」をご紹介します!

更新日: 2018年05月09日

179 お気に入り 146514 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

①フローリングですぐ掃除機はNG

いきなり掃除機をかけてしまうと掃除機から出る排気の風によって、落ちていたほこりを再び舞い上がらせてしまうことに

フローリングは、ほこりが舞い上がりやすいという特徴があります。家族が活動していない夜の間に落ちたほこりを、朝に掃除機で吸い取るのが効率のいい掃除方法

掃除機は力いっぱいかける必要もありません。かえってフローリングを傷つけてしまう恐れがあります

②換気口の「水拭き」にも落とし穴が

【お家仕事】お風呂場の水垢掃除&換気口の掃除 (66 users) bit.ly/2o4YTnh 21件のコメント b.hatena.ne.jp/entry/www.rins… pic.twitter.com/6FyHjUvGN2

水拭きでなんとかしようとする人も多いかもしれませんが、実はNG。

いきなり水拭きしてしまうと、ホコリやススが伸び広がって、余計に真っ黒になりがちです。それどころか、スス汚れが壁紙に染み込んでしまう恐れも

換気口の汚れには掃除機を使いましょう! ブラッシングしながら掃除機で吸引することで、周囲を汚すことなく、細かいすき間汚れもラクに取り除くことができます

③実はサッシにも「正しい掃除法」が

いきなり雑巾で水拭きしてしまうと、余計に汚れを落としにくくなってしまう。 水拭きすると乾いたホコリが水を吸って、サッシの隅に入り込んでしまうことに

サッシには、髪の毛や砂ボコリなどが溜まりやすいので、まずは乾いた状態で汚れをサッと取り除きましょう

乾いたハケで乾いたホコリを集めて、掃き出してしまいましょう。角や隅に残った汚れは、バケツに水をためて、ハケの先に水をつけながらなでます。そして、最後に雑巾で拭き取ります

④羽毛布団、パンパンやってない?

パンパンと布団を強くたたいてはいけません。ダウンや側生地を傷めることになってしまいます

むしろ、叩いたりクリーナーを掛けたりすると、繊細な側生地が痛んで細かなホコリを生む要因にもなり得ます

バシバシと叩く代わりに両面に掃除機を軽くかけるといいでしょう

カバーをかけて干したとしてもあまりにも高温になる直射日光が当たる場所で長時間干すのはやめましょう。ダウンボール(※)が高温で割れやすくなってしまいます

※ボール状の綿毛のこと。

1