1. まとめトップ

TOKIO4人が会見開く・・・山口メンバー脱退か解散か 異例のジャニー喜多川謝罪

TOKIO4人が会見を行います。メンバーの今後を大きく左右される会見となりそうです。

更新日: 2018年05月02日

0 お気に入り 2112 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PopCherryさん

TOKIOに残りたいという発言が甘いと批判された。

ジャニーズ事務所の社長ジャニー喜多川が謝罪

東京地検は1日、強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)を起訴猶予処分とした。不起訴処分を受け、ジャニーズ事務所は1日夜、報道各社にFAXを送付。山口以外のメンバー4人が2日に記者会見を開くことを発表した。また、ジャニー喜多川社長も、被害者、ファン、関係者に謝罪文を発表。事務所として「信頼回復に全力を尽くす覚悟です」と記した。

所属タレントの不祥事やスキャンダルでジャニー氏が直接コメントを発表するのは極めて異例。

 ジャニー氏は「被害を受けられましたご本人様とそのご家族様、ならびに今まで山口をご支援いただいておりましたファンの皆様、関係各位の皆様には多大なるご迷惑とご心配をお掛けして参りました。ここに改めて深くお詫びの念をお伝えさせて頂きます」と被害者らに謝罪。TOKIOのメンバーが「考えて決めていくことを受け止めます」と4人、そして山口の決断を尊重する考えも明言した。

今後については「TOKIOのメンバーも、それぞれが23年の時を重ね、今の立場に立っております。彼らが、まず何をすべきか、これからをどうしていくか、彼らが考えて決めていくことを受け止めます」とメンバーの決断を尊重。そのうえで「私自身はすべての所属タレントの『親』としての責任を負いながら今後も彼らが“ひと”として成長しできますよう、支援し続けて参る所存でございます」とした。

 城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也の4人は、2日午後2時から都内ホテルで会見を行う。

4人の会見でひとつの決断を下すものとみられる。

メンバー解散かグループごと活動休止か山口脱退か決断が迫られる。

被害者と山口メンバーが知り合ったRの法則への中傷相次ぐ

現在放送を休止している、NHK・Eテレ「Rの法則」の公式サイトで、番組出演者のブログやSNSアカウントに対する中傷をやめるようにとの「お願い」が掲載されています。
「Rの法則」はアイドルグループ、TOKIOの山口達也さんが司会を務めていた教養バラエティ番組でしたが、山口さんが強制わいせつ容疑で書類送検されたことを受けて現在は放送を休止中。サイトでは「番組出演者のSNSアカウントやブログなどに対して、個人を著しく中傷するような心無い書き込みが数多く投稿されています」と前置きしつつ、「こうした投稿は出演者たちを深く傷つけ、悲しませるものです。絶対にやめていただくよう強くお願いいたします」と呼びかけました。

 放送再開予定については今のところ不明。今後の予定については番組サイトなどであらためて報告するとしています。

1