1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

masa9Bさん

眠れないって辛いですよね?

気がついたら、もう朝の六時……そんな経験があるのではありませんか?

寝てないのに、今から仕事?
ワォ! 信じらんねぇ!

でもちょっと待って! 貴方が眠れないのには理由があるかも?

理由1 カフェイン

何をするにせよ、まずコーヒーを飲んでから!って、人も多いですよね?
でも、その行動が不眠症のきっかけかも?

カフェイン - Wikipedia

カフェインは初めて単離されたコーヒーの原料のコーヒーノキ以外にも、チャノキやマテやカカオやガラナなどにも含まれている。したがって、これらから作られた飲食物、例えば、各種コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、マテ茶、ココアなどの飲料や、チョコレートなどの加工食品にもカフェインは含まれる。さらに、コーラや栄養ドリンクなどの飲料や、一部のチューインガムのように、人工的にカフェインを添加した食品も散見される。また、一部の頭痛薬のように、カフェインは医薬品としての利用もなされている。

カフェインには覚醒作用があり、眠気を遠ざけます。

理由2 ビタミンB12欠乏

蒸し暑い夏の夜は、寝苦しさを訴える人も多いのではないでしょうか。なかなか眠れない原因のひとつとして考えられるのが、体内時計の乱れ。夜になると眠くなり、朝になると目が覚めるという睡眠のリズムを調節しているのが、体内時計です。そのリズムがずれてしまうと、夜になってもなかなか眠れないなどの、睡眠障害が引き起こされてしまいます。この睡眠のリズムを整える働きをしている栄養素が、ビタミンB12です。

理由3 ブルーライト

睡眠ホルモンを抑制する作用がある
ブルーライトは人が眠たくなるホルモン「メラトニン」の分泌を抑制し、シャキンと目を覚まさせる力を持っているため、集中力が必要な場面には有効だとされています。そのため、眠ろうと思っている時にブルーライトを目にするのは逆効果、という話になります。

眠たい時にスマホをいじるなっていうのは難しいことかもしれませんが、"眠り"と"スマホ"どっちが大切ですか?
もちろん、私が決めることじゃありませんけれど……

生活を見直して、幸せな日常を取り戻そう!

1