1. まとめトップ

ジャニー喜多川社長が謝罪文発表‥TOKIO山口達也に関する新たな動きに注目

東京地検は1日、強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也を起訴猶予処分とした。不起訴処分を受け、ジャニーズ事務所は山口以外のメンバー4人が2日に記者会見を開くことを発表し、ジャニー喜多川社長も「信頼回復に全力を尽くす覚悟です」と謝罪文を発表した。

更新日: 2018年05月02日

0 お気に入り 5399 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2日午後2時に開かれる会見に注目が集まっています。

karumaru0505さん

●日本中に衝撃が走ったTOKIO山口達也の書類送検

山口さんは今年2月、東京都・港区の自宅マンションに女子高生を呼び出して無理やりキスをするなど、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

本人は事実関係を大筋で認めており、所属事務所のジャニーズと被害者側が話し合った結果、被害届を取り下げる手続きを行ったと報じられています。

●報道の翌日の緊急会見では無期限謹慎が発表された

自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が、強制わいせつ容疑で書類送検した「TOKIO」の山口達也メンバーが26日、都内で緊急会見を行いました。

会見はじめに同席した弁護士が、ジャニーズ事務所が山口を無期限謹慎とすることに決定したと発表した。

●当時、病院に入院していたことなどを告白

マイクを持った山口は涙を流しながら、まずは被害者に謝罪の言葉を述べ、関係者やファンに向けても謝罪。続けて、自身の口で経緯を説明した

その日の昼から飲酒し、酩酊状態になりながら被害者女性に電話をして呼び出したところ、友だちと2人で来宅した、と明かした。

●会見では被害女性の両親からのコメントを弁護士が読み上げた

会見では被害女性の両親の言葉が紹介された。それによると「娘が被ったことは親として決して許せるものではありません。ただ、娘にも山口にもこれからががあります。

一人の人間の未来がすべて奪われてしまうことは私達も望んでおりません。山口氏には娘の心の傷に向き合いながらこれからを考えていただき、また、娘についてもそっとしておいていただければ」

●また、TOKIOの4人に対する思いを口にする場面も

警察から連絡が来たのが3月末、事務所には4月上旬に事務所には報告したが、「デリケートな話なので」とTOKIOのメンバーには伝えていなかった

「彼らがいて私がいるので、甘い考えかもしれませんが、怒ってくれるのも彼らくらいしかいない歳になったので、彼らを信じて、もし待ってくれる席があるなら、TOKIOとしてやっていけたらな…と」

今後もグループへの在籍を希望していることを話したところで、涙腺崩壊。口に手を当てて、言葉に詰まってしまった

●1日、東京地検は山口達也を不起訴としたと発表した

自宅マンションの部屋で女子高校生に無理やりキスをするなどの行為をしたとして強制わいせつの疑いで書類送検された人気グループ「TOKIO」の山口達也メンバーについて

山口メンバーは送検容疑を認めており、女子高生側と示談が成立していたといい、地検はこうした点を考慮したとみられる。

1 2 3