1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

こんなとこあるのか…涙するほど美しいアジアにある“色別絶景スポット”7選♪

日本からも行きやすく、アジアは物価が安いところが多いです。結構そのような理由でアジアへ旅行に行く人は多いのではないでしょうか。絶景スポットも多くあり、日本では見ることができないような神秘的な絶景を見ることができます。そこで今回はアジア各国で見ることができる絶景を色で分けてご紹介します。

更新日: 2018年05月02日

57 お気に入り 27090 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をお届けします。

tatsubo1208さん

◎青の絶景:パンゴン湖/インド

インドにある「パンゴン湖」です。世界で最も天に近いと言われている天空の湖ですよ。

▼詳細情報

◎緑の絶景:チョコレートヒルズ/フィリピン

フィリピンにある「チョコレートヒルズ」です。フィリピンのボホール島にあり、山々が約1268個も並んでいるという何とも不思議な景色が見られます。

この丘のほとんどは珊瑚礁からなる石灰岩でできているため木は育たず、草に覆われています。 乾季になると草が枯れ茶色の丘へと変化し、それがまるでチョコレートのように見えることからそう呼ばれている。

5月頃になると、緑の葉が枯れて茶色になるので「チョコレートヒルズ」と名付けられました。普段は緑でいっぱいの素敵な景色が見れますよ。

また、ここでは絶滅危惧種の世界最小メガネザルの“ターシャ”を見ることもできるんだとか。とっても可愛いらしく実際に見てみたいですよね。

▼詳細情報

◎赤の絶景:レッドビーチ/中国

中国にある「レッドビーチ」です。中国の北東部にある、“紅海灘風景図”とも呼ばれるレッドビーチ。その名の通り、赤い海が広がっています。

紅海灘(レッドビーチ)を赤く染める正体。 マツナという海藻の一種だそうです。 近くで見ると可憐でかわいらしい植物です。

紅海灘風景区は、総面積100平方キロメートルにも及ぶ世界最大規模の湿地帯であり、最大級の葦(アシ)の群生地でもある。

このレッドビーチは、9月中旬~10月上旬頃の期間にしか見ることができない景色なんです。ぜひこの期間に訪れてみて下さいね。

▼詳細情報

1 2 3