1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新たな性犯罪…人工知能を駆使した「ディープフェイク」が問題に

人工知能を駆使して作るディープフェイクという犯罪が問題になっています。

更新日: 2018年05月02日

54 お気に入り 211529 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■人工知能

人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence、AI)とは、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」を指す

経験から学び、新たな入力に順応することで、人間が行うように柔軟にタスクを実行します。

人間が用いる自然言語を理解したり、論理的な推論を行うことができたり、経験から学習して応用することができたり、といった知的で発展的な作業をこなすことが要求される

よりよい生活環境の実現に必要不可欠だといわれています。

東北大学は、SAS Institute Japanの「SAS Viya」を採用し、乳がん診断の補助として、深層学習を用いて乳房エコー画像内の腫瘤注の識別を目的とした研究を開始

自動運転の研究に使われている人工知能は、車載カメラの画像を取得し、ドライバーと同様に、通行人、対向車、標識などを識別

■そんな人工知能が悪用されている…。「ディープフェイク」という性犯罪が問題に

世界各国ではテクノロジーを使った新たな性犯罪への懸念が高まっている。そのテクロジーとは、人工知能(AI)を使ったイメージ生成

このところネットで話題になっているのが、ディープフェイク(Deepfake)と呼ばれる動画だ。ディープフェイクは動画の登場人物の顔や姿を、無関係な第三者のものと合成して作成した動画を意味する

今問題になっているのは、この技術を用いて有名人、もしくは無関係な一般人の顔をポルノ動画に合成する行為が広まっていること

顔を別人のものとすり変えた「ディープフェイク」と呼ばれる動画が、ネットの掲示板やポルノサイトなどに溢れ始めた。

本当は存在しないポルノ動画ですが、ディープフェイクの技術によって、さも実在する映像かのように見せることができる

隣国・韓国ではすでに、AIによる「画像生成」や「ディープフェイク」が、プライバシー問題、また性犯罪と関連した領域で議論され始めている

■誰でも簡単に作ることができてしまう…

日本でも流行っている『SNOW』のようなARカメラを高性能にしたものと考えればわかりやすい

AIに顔写真とポルノ動画を学習させれば、ちょっとした知識があるだけで、誰でも簡単にフェイクポルノが作れるようになってしまった

1月初旬に公開されたこのアプリでは、顔画像のデータがある程度あれば、動画の人物の顔を別の個人の顔とすげかえることができる

現在は閉鎖されています。

誰にでも使えるWindowsアプリや、便利なチュートリアルが急速に整備され、みんなニコラス・ケイジやドナルド・トランプの動画で遊び始めた。

そしてDeepFakeが流行り始めてから一ヶ月もしないうちにハリウッド女優たちのフェイクポルノが無数に作られ、収集がつかなくなり、Redditがいち早く禁止措置をとるという事態に進展

AIがマシーンラーニングで学習した顔をさまざまな表情に作り変えることができるため、リアルな偽ポルノができてしまう

■ディープフェイクで作られた映像は自然なものとなっており、知識がなければ信じてしまう可能性が高い

1 2