1. まとめトップ

プレミアムフードの定義ってなに?市販ドッグフードとの違いを比較してみた

最近のドッグフードには「プレミアムフード」と呼ばれる品質の商品が多く販売されています。ただ実際は、プレミアムフードってどういうものなのか?どこがいいのか?知らない人も多いと思います。そこでプレミアムフードの定義をはじめ、市販のドッグフードとの比較をしてみました。

更新日: 2018年05月07日

1 お気に入り 1402 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

petownerさん

愛犬を元気で健康に育てるためにはドッグフードの「質」が大事になってきます。

最近は、安全で安心なプレミアムフードが流行っていることもあり、健康志向の飼い主さんも増えてきましたね。

一般的にプレミアムフードというのは、

・ヒューマングレード
・グレインフリー
・人工添加物不使用
・動物性たんぱく質が豊富
・副産物が使われていないもの
・4Dミートが使われていないもの

のことを指します。

特に外国産のドッグフードにプレミアムフードの品質をもっている商品が多く、日本でも愛用者が多いですね。

でも、実際はプレミアムフードの定義は存在しない

プレミアムフードとは「値段が少し高めの何らかの特徴を持ったフード」のことじゃないかなといえます。厳密に定義がある訳じゃないんですよね。(・_・)......ン?難し…ぃ。実際なにが違うんだろ。

プレミアムフードとよく言われますが、実は明確な基準などは存在しません。

以前からドッグフードに使われている粗悪な原料については騒がれてきましたが、そのアンチテーゼとして使われるようになってきたのがプレミアムフードです。

つまりは、粗悪な原材料が使用されていないものがプレミアムフードにあたる訳です。

市販ドッグフードとなにが違う?

安価フードに比べると、プレミアムフードの方が圧倒的に健康面に関しても有利
生き死にだけではなく日々生きていくための楽しみもまた健康による利点。誰だって持病を抱えたまま日々を過ごすよりも健康でいたいですからね。わんちゃんだって一緒です

原材料の比較

まずは、原材料の比較を見てみましょう。

プレミアムフードの場合

プレミアムな食材とは、材料に使用している肉等の素材が「人が食べる部位」や「人用の食材と同等の肉」をドッグフードの食材に利用しているものがほとんど

プレミアムドッグフードは、動物性タンパク質である肉や魚がメインです。

犬が本来必要としているのは動物性タンパク質であり、栄養価も高いのが特徴です!

市販ドッグフードの場合

安いフードのほとんどは「トウモロコシ」「小麦」「玄米」などの穀物がメインとなっています。

「お肉」はただ同然の悪質なお肉なのです。

このお肉は4Dミートは呼ばれるもので人間が食べることができない人間の食用として使用することを禁止されたお肉なのです。

価格の比較

次に価格の比較を見てみましょう。

1kgあたりで見てみると、結構大きく値段が違いますね。

プレミアムフード 1kgあたり500〜1,000円程度
ふつうのフード 1kgあたり80〜300円程度

有名なプレミアムフードBEST3

プレミアムフードと市販フードの大まかな違いはわかったと思いますが、では有名なプレミアムフードはどんなものがあるのでしょうか?

【原材料】
チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン、乳酸菌

【成分分析値】
粗タンパク質28% 粗脂肪12% 粗繊維3% 粗灰分8% 水分8% オメガ6/1.63% オメガ3/1.29% エネルギー344kcal/100g

【原材料】
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%など...

【成分分析値】
粗タンパク質33.00%、脂質17.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.50%、水分8.50%、オメガ6脂肪酸2.80%、オメガ3脂肪酸0.90%、リン1.42%、マグネシウム0.10%、ナトリウム0.24%、カルシウム1.86%、カリウム0.58%、エネルギー(100gあたり)/約361.25kcal

【原材料】
乾燥チキン(28%)、チキン生肉(20%)、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、鶏油、バターナッツスカッシュ、チキングレービー、サーモンオイルなど...

【成分分析値】
粗タンパク質30.0%、脂質15.0%、粗繊維2.5%、粗灰分7.5%、水分8.0%、オメガ6脂肪酸2.2%、オメガ3脂肪酸0.24%、リン0.90%、マグネシウム0.08%、ナトリウム18%、カルシウム2.20%、カリウム0.50%、エネルギー(100gあたり)/約362kcal

【まとめ】安心できるのは100%プレミアムフード

プレミアムフードを食べさせることは、ワンちゃんにとってデメリットはなくメリットしかないということです。

もちろん市販のドッグフードにも安全性に優れた商品は販売されていますが、愛犬とずっと一緒に過ごしていくためには、良質な原材料が使われたプレミアムフードを選ぶことが大切ですよ。

1