1. まとめトップ

おかずにも調味料にも万能大根おろし

そのまますすってよし、他の食材にかけてよし、調味料のように利用してよしの、おいしい大根おろしの利用法やメニューのグルメ紹介まとめです。

更新日: 2018年05月03日

3 お気に入り 96 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大根おろし大好きです。

moepapaさん

大根おろしとは

大根おろし(だいこんおろし)は、大根の根部をおろし器を用いてすりおろした食品。
和食の付け合せや薬味として使われることが多い。大根おろしをパック詰めした商品(冷凍)もある。独特の辛みが魚料理等の臭みを中和する効果がある。

また大根おろしは消化を助けるはたらきをすることもあり、天ぷらをはじめ油物や肉料理等、一般的に胃に負担のかかるとされる料理との相性もよい。大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素が豊富に含まれているが、これら酵素は熱に弱いため、加熱をともなう調理法では有効に利用できない。大根おろしとして生のまますりおろすことで消化を助ける効果をはじめて得ることができる。

大根おろしの辛みを得るためには、細胞を効率良く壊すことが必要である。そのためには大根の切断面を繊維を断ち切るようにおろすとよい。おろし金に対して直線に力をこめて一気にすりおろすとより辛味が増す。具体的には長手方向に対して直角に円を描くように回しながらおろすと良い。『怒りながら大根をおろすと辛くなる』という昔ながらの伝承は、道理にかなっているといえる。

おいしい大根おろし利用

薬味というか、ほぼ具材がごとくたっぷり使った方がおいしいです。

しらすとの相性も抜群で、昔からしらすおろしとして、おつまみやお惣菜の定番に。

大根おろしを大量に使った雪鍋、みぞれ鍋は絶品です♪

1 2 3