1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Sho1111chaさん

ビットコインって何?

ビットコインはインターネット上で使うことができる通貨で、「仮想通貨」や「暗号通貨」「デジタル通貨」などと呼ばれています。

https://kotobank.jp/word/ビットコイン-189548

電子マネーは、法定通貨を基準とした電子的なデータであり、特定の企業やサービスの範囲内での利用にとどまる。

それに対し、ビットコインは、日本円や米ドル等の法定通貨と同様の新たな通貨であり、かつ、特定の国や地域に限定されない無国籍の通貨でもある。また、通常の通貨は、銀行口座などを開設し管理することができるが、ビットコインを管理するための銀行のような組織は存在しない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ビットコイン

人気上昇に伴い、通貨価値が増加すると予想する投機家により[64]、頻繁に投機目的で取引されている

ビットコインバブルで1BTC200万円超えするも、100万円以下まで急落

昨年12月18日の高値から48%急落する前にビットコインは3年間でほぼ60倍に値上がりした。この尋常ならざる高騰は、投資家がバブル崩壊を懸念する根拠を示唆している。

バンク・オブ・アメリカ(BoA)は「史上最大級の資産価格バブル」と主張した。ビットコインを、チューリップバブルやミシシッピバブル、南海泡沫事件、金価格、1929年の大恐慌と比較し、ビットコインは「史上最大のバブル」と結論付けた。この主張は、バブルの歴史においてもビットコインの歴史においても、明らかに事実とは異なっている

海外でも仮想通貨への対策が始まっている。英銀行大手ロイズグループは顧客が債務を抱えることを懸念、クレジットカードで仮想通貨を購入することを禁止した。すでに国内の仮想通貨取引事業を禁止している中国は、海外での取引も禁止する方針だという。

ドイツ連邦銀行総裁のヨアヒム・ビュルメリング理事が、フランクフルトでのイベントで、「仮想通貨の規制において、国ごとの規制効果は限定的であるため、国際的な協力を通じた規制のみが効果的だ」と述べました。この発言により、今後の規制強化を懸念した多くの投資家の売りが加速し、一時は100万円を切る場面もありました。

コインチェック(東京都渋谷区)が運営する仮想通貨取引所「coincheck」から1月26日、約580億円相当の仮想通貨「NEM」(単位はXEM/ゼム)が不正アクセスによって盗まれた問題で、同社は日本円の出金と、取り扱う全ての仮想通貨の入出金を停止した。

安定されたテクノロジーの中で安住してきた中で、時代の分岐点ともいえる近年のテクノロジーでその欠点があらわになった結果、大きく下落したビットコイン。

しかし、新技術の初期は必ず失敗がつきもの。そこに微動だにせず将来性を見極めた投資をする必要がある。
既存の概念では通用しない時代に入っただからこそ、こうした考え方は大切なのです。

★短期的なスパンでみれば、悪材料はある程度出し切ったでしょう。

ビットコインの今後の価格

ブルームバーグは、米国の投資ファンド、「ソロス・ファンド・マネジメント」が仮想通貨投資への計画があると報じた。
加えて、仮想通貨アプリを提供するアブラ(Abra)CEOが「今年は機関投資が仮想通貨市場に参入し大変な年になる」とコメント。
ソロスファンドの参入がきっかけで、他の巨大ファンド・機関投資家が次々に仮想通貨市場に参入する可能性が高まる。

アメリカ合衆国のTipRank社も認める経済アナリストであるRonnie Moas氏が、2020年までにビットコインは、まだ価値を急騰させると語った。

似たような見解は、米国の投資家で億万長者のウォーレン・バフェット氏や、JPモルガンのジェームズ・ダイモンCEO、その他の権威ある金融業者も述べている。

2018年のビットコインの今後について、短期的な予想をしていきます。ゴールドマンサックスのテクニカル分析チームによると、「今回の年頭のビットコイン価格の値下げは、価格上昇のトレンドにおける調整として見るべき。」との見解がされており、今後価格が上昇する可能性があると述べています。

ニューヨークに拠点を置くアナリスト・コンサルタントのトーン・ベイズ氏は、この状況が早くに回復するであろうと見ており、2018年末までに25,000ドル(2月19日現在日本円にして270万円弱)に到達すると発言しています。
また、有名なビットコイン愛好家であるロニー・モアス氏はさらに上を行く28,000ドル(日本円にして約300万円)と予想。楽観的な見通しを示すアナリストは少なくありません。

米スタンドポイントリサーチ社(フロリダ州)の創設者兼ディレクターであり、極めて有能なビットコイン予測家として知られるロニー・モアス氏は、ビットコインの時価総額が今後5年以内に米アップル社のそれを上回る8600億ドル(約100兆円)に到達すると見ている。

1 2 3