1. まとめトップ

ネガティブで保守的もプライドが高い?打たれ弱い男性の特徴

すぐに落ち込んでしまったり、失敗するとなかなか立ち直れない打たれ弱い男は、ちょっとしたことでも気持ちが落ち込んでしまうことが悩みにさえなっています。そんな男性の性格と言えばネガティブなイメージを想像しますが、完璧主義やプライドが高い人にも打たれ弱さが見えるようです。

更新日: 2018年05月10日

6 お気に入り 1607 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・常に言い訳を考えている

打たれ弱い人は他人から攻撃されたりすることを極端に恐れますし、ミスをすることも嫌い、常に物事に対して言い訳を考えています。ミスをしたとしても自分のせいじゃない、他人のせいという風に、人のせいにしたがることも。これは自分が何かに相対せねばならない時に、それを自分だけの力だけで乗り越えることができないためです。

自分の力だけでは決して乗り越えることができないからこそ、他人のせいにしておいて素知らぬ態度を取ってしまうのです。また他人から注意を受けたりしたときにも、自分のミスだと素直に認めません。ミスを認めてしまうとその責任を背負うことになるからですが、一番の理由としてはそんな重大な責任を決して負いたくないのです。なので何かにつけ言い訳をしては、自分が責任を負うことを回避しようとするタイプです。

・叱られることに慣れていない

打たれ弱い人というのは、幼い頃からあまり叱られることなく育ってきた人が多いために、大人になっても叱られることに慣れていません。ですからちょっとしたことでもくよくよしてしまいますし、その感情をずっと引きずってしまうのです。周りは厳しく叱ったつもりではなくても、打たれ弱い人にしてみれば相当こたえてしまいます。場合によっては過剰に反応するあまり訴訟沙汰になることも。こうなってくるとなかなかに厄介ですが辛抱強く向き合っていくしかありません。

というのも本人にしてみれば怒られたから落ち込んだ=怒るやつが悪いとなります。きちんと向き合っていくほかはないでしょうまたこの手のタイプは一度落ち込んでしまいだすと、いくら周囲が元気づけてもその声が芯に伝わりかつ届くことはなく、さらにエスカレートした愚痴や弱音をまき散らしてしまうということもよくあります。こうなってくると周りの人も大変ですよね。

さらにただ弱音をまき散らすくらいなら良いのですが、他人に強く叱られてしまうと、今度は周囲に対して攻撃的な態度にでることさえあります。今までの人間観家では考えられないくらいのベクトルで厳しく叱られたことによって、その感情を抑えようとする理性的な感情がうまく働かずに自分の許容範囲を超えてしまうとキレてしまうのです。

・自己評価が低い

「自分には取り柄がない」「何をやってもダメだ」など、マイナス思考で自分への評価が低い人は、打たれ弱く、異常なまでに諦めが早いのが特徴です。

失敗して怒られた時は「やっぱりね…」と妙に納得して、頑張って見返そうという気持ちは起こらないのです。

やっても出来ないし、どうせまた怒られるなら、もう辞めた。

と簡単に諦めてしまう思考回路が出来上がってしまっているので、成長は見込めません。

まずは自分の良さを発見して、自己評価を高める事が、マイナス思考を脱却する鍵となります。

・言い訳がましい

失敗を人に責められる事を極端に怖がるので、何かと言い訳を用意して置かないと安心出来ないのでしょう。

自分の力で解決する事も出来ない、失敗の責任を取るなんて面倒な事も出来ない、責任感のない人です。

ミスを認めてしまえば、人に指摘されたり、責任を問われる事も否めないので、打たれ弱い人は言い訳をしてミスを認めない事を選びます。

言い訳をするほど、人からの信頼が失われるということには気が付けないまま、自分だけを庇い続けるのです。

・保守的

打たれ弱い人は、自分が打たれ弱く、傷つきやすいこと大抵の場合、自覚しているので、自分を守ろうとする防御のセンサーが人よりも敏感に働きます。

いつも辺りを警戒して、保守的な行動ばかり取ってしまい、自分でも退屈で面白味に欠けると感じているはずです。

それでも、新しい事を始める一歩がなかなか踏み出せず、まずは周りの様子を伺ってからでないと、前に進めないのです。

その性格が災いして、チャンスを逃したり、一歩出遅れる事もあるでしょう。

打たれ弱い人は、チャレンジや冒険から得る成長を自ら放棄する位、怖がりな性格です。

・ネガティブ

打たれ弱い人は基本的にはネガティブな人が多いです。物事の悲観的な側面ばかりに目を向け、悪いことが起こることばかりを想像して身動きが取れなくなっているという人も多いです。

またネガティブであるがゆえ打たれ弱いということも考えられます。悲観的な想像ばかりを繰り返し、常に心にダメージ負っているため人よりも打たれやすいということもあります。打たれ弱いのが先かネガティブが先かは人によって違いますが、打たれ弱い人は共通してネガティブ思考の人が多いです。

・完璧主義

打たれ弱い人の中には、とても真面目で責任感のある人、いわゆる完璧主義者の人もいます。それゆえ、完璧主義な考え方の持ち主であることも、打たれ弱い人の特徴の一つと言えるかもしれません。

このような完璧主義な考え方の持ち主は、自分の仕事などの物事を完全にやり遂げたい、完璧にこなして当たり前と強く思っている傾向があります。それゆえ、100%完全にやり遂げて当たり前なので、成功しても満足感や達成感を得られにくいのです。むしろ、完璧にいかなかった場面で、客観的にはわずかなミスやほころびであるのにもかかわらず、それを重大なミスだと大袈裟に捉えてしまいがちで、必要以上に気持ちが落ち込んでしまうわけです。

・プライドが高くて攻撃的

打たれ弱い性格の人は、何も後ろ向きな考えの人ばかりではありません。意外と他人に対して攻撃的なタイプの人もいます。自分はもっと凄いはず。もっと優秀なんだ、と根拠の無い自信に溢れているタイプの人も打たれ弱い人が多いのです。

このタイプに人は、自信が溢れるように振る舞っていますが、本当のところは自分に自信がなく、他人の自分に対する評価が自分の基準になっていたりします。

自分の弱みを見せたくないために虚勢を張っているので、つい他人に攻撃的な態度を取ってしまうのです。冷静な判断が出来ず、感情的になってしまうことも多く、その部分から打たれ弱さが露呈してしまいます。

1