1. まとめトップ

壮絶な悲劇の歴史 世界文化遺産登録へ

「登録延期」は登録の可能性は認めつつも、推薦書の抜本的な見直しを求めるものだ。再提出後に再びIUCNの現地調査などが必要になり、登録まで早くても数年かかる。

更新日: 2018年05月04日

0 お気に入り 1659 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」へ

Doragonflyさん

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)が登録される見通しとなった。

事前審査する諮問機関が「登録」を勧告した。一方、世界自然遺産を目指している「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)は「登録延期」の勧告で、明暗が分かれた。6月24日からバーレーンで開かれる世界遺産委員会で最終的に決まる。

フランス・パリの世界遺産センターが3日(現地時間)、文化遺産登録の諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)」と、自然遺産登録の諮問機関「国際自然保護連合(IUCN)」の勧告内容を日本政府に伝えた。

勧告は「登録」「情報照会」「登録延期」「不登録」の4段階で評価される。「登録延期」は登録の可能性は認めつつも、推薦書の抜本的な見直しを求めるものだ。再提出後に再びIUCNの現地調査などが必要になり、登録まで早くても数年かかる。

島原・天草一揆の舞台となった原城跡(長崎県南島原市)や、信仰を集めた平戸の聖地と集落(同県平戸市)など12件の資産で構成される。

文化遺産で「登録」の勧告を受けた「潜伏キリシタン関連遺産」は、江戸幕府がキリスト教を禁じていた17~19世紀、長崎県と熊本・天草地方で伝統的な宗教や社会と共生しながらひそかに信仰を守り続けたキリシタンが育んだ独特の文化的伝統を示している。

4島にすむ陸生哺乳類の6割、両生類の8割は固有種。沖縄島北部のヤンバルクイナなどは、IUCNが絶滅危惧種に指定している。

自然遺産で「登録延期」の勧告を受けた「奄美・沖縄」は、約1200キロに点在する琉球列島のうち、鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄県の沖縄島北部と西表島の4区域。奄美大島と徳之島だけに生息するアマミノクロウサギと、西表島のイリオモテヤマネコは国の特別天然記念物に指定されている。

世界遺産の総数は、文化遺産832件、自然遺産206件、両方の価値を備えた複合遺産35件の計1073件(昨年7月現在)。

日本からは昨年の沖ノ島(福岡県)まで、文化遺産17件、自然遺産4件の計21件が登録されている。

原城は1496年、東肥前までも勢力を延ばし当時26万石ともいわれた領主・有馬貴純によって築かれたといわれる

周囲4キロの三方を有明海に囲まれ難攻不落の天然の要害で、本丸・二ノ丸・三ノ丸・天草丸からなり、別名「日暮城」とも呼ばれた美しい城であった。

晴純の代に至り、有馬氏の全盛時代となった

次第に衰退義直時代には、佐賀の龍造寺により再三侵略されたが、島津氏の救援で島原沖田畷にて勝利をおさめ、島原半島の南部をかろうじて維持できた。

有馬晴信が1612年に岡本大八事件に連座し配流・切腹となり、子直純が再度有馬の地をおさめたが、2年後日向に転封となった。

その後、1616年大和五条より松倉重政が入封、一国一城の令によって島原城(森岳城)を築城したので、日之江・原城は廃城となった。

1637年、この廃城となっていた原城に一揆が籠城した。世にいう「島原の乱」である。昭和13年5月30日、国の史跡文化財に指定。

原城本丸には南島原市出身の彫刻家・北村西望による祈りをささげる天草四郎像や、西有家町の民家の石垣に埋もれていた天草四郎の墓石が移されている。また、この台地は約9万年前に起こった阿蘇火山の大噴火による火砕流がつくったものであり、この地層の中には、雲仙火山のものとは全く性質が異なる白い軽石が含まれている。

6~7月にバーレーンで開かれる世界遺産委員会で、勧告通りキリシタン関連遺産の登録が決まる見通し。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、ユネスコの諮問機関から世界文化遺産に登録するよう勧告されました。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、長崎、熊本の12の資産で構成され、キリスト教が禁じられた江戸時代の日本で潜伏キリシタンが独特の文化を育んだことを物語っています。

ユネスコの諮問機関「イコモス」は、現地調査などの結果、世界文化遺産への「登録」が適当とする勧告をまとめました。

6月24日からバーレーンで開かれる会合で正式に登録が決定する見通しです。「潜伏キリシタン関連遺産」は2015年、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として推薦されましたが、「イコモス」からの指摘で、キリスト教の信仰が禁じられた期間に焦点をあてて再提出されていました。

熊本県の天草市には構成資産の一つ、崎津集落があり地元の期待が高まっています。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」がユネスコの諮問機関から世界文化遺産に登録するよう勧告されました。

構成資産の一つ、出津教会堂(長崎市)の信者は・・・

「歴史を認めてもらったという点で、非常にありがたい」

1