1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

下手くそ選手権に展覧会…オフも話題を集める「羽生結弦」

フィギュアスケートは今オフに入っていますが、それでもメディアに出ると話題になる羽生結弦に注目しました。

更新日: 2018年05月04日

9 お気に入り 22441 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・世界ランキング3位になった羽生結弦

世界スケート連盟は2日、フィギュアスケート男女の最新世界ランキングを発表

4年以上に渡り、1位を守ってきた平昌五輪で66年ぶり連覇を達成した羽生結弦(ANA)は故障により今季欠場が続いた影響でポイントを加算できず、3位となった。

・一方でオフに入っても人気は衰え知らず

フィギュアスケート・羽生結弦選手の「平昌オリンピック」での活躍をまとめたAERA特別編集『羽生結弦 連覇の原動力[完全版]』(朝日新聞出版/4月27日発売)が、週間2.2万部を売り上げ

7日付オリコン週間BOOKランキング(集計期間=4月23日〜4月29日)で3位に初登場。ジャンル別「スポーツ関連」では1位を獲得した。

巻頭グラビアを32ページに拡大したほか、前回未収録だった平昌五輪のエキシビションや帰国後の記者会見までを収録している。

・園遊会では羽生のツーショットが話題に

毎年、春と秋に開かれる園遊会には豪華な顔ぶれが出席し、両陛下と歓談する様子がテレビや新聞に取り上げられている。

IOCが運営する五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」も羽生(はにゅう)と羽生(はぶ)の“共演”を伝えている。

同サイトでは「ハニュウが交流した一人は、日本の将棋チャンピオン、ヨシハル・ハブだ。将棋はチェスのようなゲームで国内で人気となっている」と説明している。

・凱旋パレードでは「#羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権」がトレンド入りした

羽生は4月22日、地元・宮城県仙台市で祝賀パレートを開催。平昌オリンピックで金メダル獲得という偉業を成し遂げただけに、11万人もの人々が集まった。

羽生を乗せた車は、仙台市役所までの1.1キロを40分かけて進んだ。背伸びをして手を振り、時折沿道に向かい指をさすなどサービス精神旺盛。精いっぱい、声援に応えようとする姿がそこにはあった。

ファンの愛が生んだ失敗写真の数々を集めるハッシュタグ『#羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権』が、22日夜にツイッターで誕生した。

写真と一緒に添えられたメッセージで、羽生選手が目の前を通り過ぎた時、どれだけその瞬間を撮るのが大変だったのかが伝わってきます。

・実際に撮られた写真

・GWで関西にお出かけの際は是非「羽生結弦展」へ

1 2