1. まとめトップ

狂気の男 合戸孝二

日本ボディビル選手権大会で4度のミスター日本の称号を手にし、“狂気の男”という異名を持つ、ボディビルダー合戸孝二(ごうど こうじ)選手。

更新日: 2020年04月19日

2 お気に入り 26531 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本ボディビル選手権大会で4度のミスター日本の称号を手にし、“狂気の男”という異名を持つ、ボディビルダー合戸孝二(ごうど こうじ)選手。

sts5173さん

合戸孝二とは

名前   合戸孝二(ごうど こうじ)
生年月日:1961 年 4 月 1 日(56歳)
出身地: 静岡身長:  164cm
体重:  70kg
胸囲:  135cm
上腕囲: 50cm
大腿囲: 68cm

目の治療よりボディビルを取った

スロバキアの世界大会に出場していた合戸孝二さんは、大会中に左目の異常に気づきます。
この時はTVの砂嵐のような、ザーっとした感じで、かすんで見えない状態だったそうです。
帰国後、診察の結果は失明寸前の眼底出血を起こしていたそうです!
視力回復のためにはステロイド薬の投与が必要とされましたが、
ボディビルの世界では、ステロイドは抜き打ちドーピングで引っかかる可能性がある。
とのことで、合田孝二さんのポリシーである「ナチュラルビルダー」を維持するために、
医者の忠告も聞かずに、3日で治療を辞め、片目を失明させてしまったのです。

しかし、当の本人は、
「全く後悔してないですね。自分のボディビルに対する姿勢を解ってもらえればいい」
とキッパリ言い切っています。

食事は

合戸孝二さんは大会三ヶ月半前から減量をスタートします。
抗生物質で汚染された安い卵は食べない。食べる野菜は無農薬。油はオリーブオイルのみ。
魚の油はなんでもOKでサーモンハラスをよく買いに行く。
納豆、豆腐はカロリーが高いがOK
酒はタンパク質を分解するから飲まない。
食事はサプリメントが7割。
昼と夕食の2回だけですが、ホエイプロテインやBCAAといったサプリメントを1日に5~6回摂取。
オフ期間中には10%ほど摂っていた脂質を、オン期間には5%まで減らす。

トレーニングは

睡眠は23時から6時
トレーニングインターバルは一分
三頭筋のトレーニングはやらない。
有酸素運動は週三回。エアロバイクを45分。
(体脂肪を減らして体にキレを出すため)

4日間トレーニング、1日休養を繰り返し。
1日目 胸と上腕二頭筋
2日目 背中
3日目 肩と腹筋
4日目 脚
5日目 休みの日に腹筋500回

トレーニングは筋肥大が目的なので、全て高重量の負荷を使用。
高重量にも関わらず1部位を4~6種目こなし、セット数は5~20セットと、かなりのハードトレーニング。
トレーニング時間は1回あたり3~4時間。

多くのビルダーの憧れに

身体を変えるためには高強度。強い刺激。あくまで高強度。質と量。RESPECT 合戸孝二選手。 pic.twitter.com/y6YgYP7CAI

合戸孝二著『執念』読了。 もう数年で還暦を迎えるにも関わらず毎日4時間のウェイトトレーニングを欠かさない著者。 ページの合間に出てくる見出しがアツイ。 pic.twitter.com/pHGHqrqusZ

イチロー 三浦知良 葛西紀明と各スポーツにレジェンドと呼ばれる選手がいる。そして、ボディビル界にもいた。 BP中に左目出血し、その後失明 平均年齢30歳という中でボディビル日本選手権 44歳で最年長優勝 56歳になった今でもトップ… twitter.com/i/web/status/9…

1 2